第6回カヤッキングプログラム(10/21)ご案内

第6回カヤッキング講座は、再び「気田川」に出かけます。
春から始まった講座も淋しいことに今回が最終回。
涙で増水しちゃうかもしれないけど^^;

■日時/来る10月21日(日) 午前8時半に掛川市役所集合
■会場/浜松市北部・気田川 *前回同様、秋葉山外宮付近より出発
■内容/今期のおさらい

このままカヤッキング講座が終わっちゃうじゃぁ淋しいよ〜
ってお嘆きのあなたに朗報!
来る11月3日(土・祝)に「番外編パート2」を実施します。
場所は古チンのホームグラウンドである「豊川」です。
第5回講座時に参加の可否を確認します。ご予定下さい。

めっきり秋らしくなって、水温も下がってきました。
防水対策は万全でのぞみましょう!(ウエア、ブーツのレンタル申込受付中)

posted by スローライフ掛川 at 2007/10/18 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第5回講座/狩野川下りレポート

第5回カヤッキング講座(9/17)「狩野川下り」

朝7時、集合場所の掛川市役所駐車場に着いた途端、大粒の雨が
降り出した。「おいおい、誰だ雨男は・・・」
約3ヶ月ぶりに乗るリバーカヤック、そして川遊びを楽しみにしていた
参加者にとっては、かなり不安な旅立ちだった。
東名高速道路を使い一路沼津を目指すも、休憩に立ち寄った富士川SA
でも土砂降りの雨。どうやら雨雲を連れてきたようだ・・・

But,沼津の干物屋!?「カヤック・タパ」に着いたら何と、It's fine。
ここに「晴れ男」が待ってたんですね〜
お土産のきんつば+茶ビールを奥さんに渡したら、出発地点となる
伊豆長岡温泉(伊豆の国市)に向けて Let's GO!

IMGP0273.JPG IMGP0278.JPG IMGP0279.JPG

9月上旬に上陸した台風9号は、狩野川の警戒水位を超える大雨を
もたらした。その影響で河川敷には大量のごみや枝が置き去りとなり、
出発地点の千歳橋下には、上流に植生していただろう大木が根こそぎ
運ばれ横たわっていた。その木をまたいで狩野川へカヤックを浮かべ、
久々の川下りスタート。

狩野川は、太平洋側には特に稀な、北から南へ流れる川。天城山頂から
始まった流れに大小50の小川が注ぎ、沼津市内を通って海へと続く。
今回は、河口から18.7q地点の千歳橋から清水町まで約10qを下る。
「周りの景色や水質の変化などを観察しながら、のりびりと下ろう」
とタパさんがアドバイス。午前11時半にスタート。

IMGP0285.JPG IMGP0294.JPG IMGP0298.JPG

水量多く、川幅は広い、瀬もほとんどないため、ゆったりと艇は北へ進む。
温泉街の真ん中を進むと、やがて狩野川放水路に差し掛かった。
この放水路は、流域の水害防止のために14年の歳月と、現在の価値で
約700億円の巨費を投じて、昭和40年に完成した施設。狩野川の歴史を
思い出しつつ小さな瀬を越えたと思ったら、古チンが「沈」。タパボートに
先導され、昼食場所の中洲にたどり着いた。

講師陣特製ランチが振る舞われるとのことで、みんな楽しみにしていた。
食材と機材をカヤックに積み込みここにやってきた。慣れた手つきで
次々と白くて丸いトルティーヤをこんがりと焼きあげていく裸族。
本日のランチは「タパタコス」。肉、チーズ、レタス等を具に特製サルサを
かけていただくと、これが「まいう〜〜」
天気よし! 水ヨし! ランチよし! 狩野川最高!! と思わず叫んだ!?

IMGP0346.JPG IMGP0360.JPG IMGP0361.JPG

食後はしばし川遊びに興じる。今年の受講生はやたら飛び込む習性が
あるらしい。深水を見つけたら助走をつけて、ザブーン、ドホーン。
小魚(アブラハヤの稚魚?)がたくさん泳ぎ、カワセミが飛び交うキレイな
狩野川だから、ついついみんなも泳ぎたくなっちゃう。
ちなみに地元の中学生も柄パン一丁で川遊びしてました(^^)

IMGP0306.JPG IMGP0310.JPG IMGP0300.JPG

再びカヤックに乗り込み先に進む。支流が注ぎ込むポイントを見つけては
流れに入り込む練習を繰り返す。次回(第6回講座)の気田川下りに向けた
予習に余念が無い。受講生は勉強熱心だ。しかも乗り方が回を追うごとに
格好良くなっている。
その姿を見て、仲間と見間違えたのかアヒルとカモも列に加わった。

IMGP0394.JPG IMGP0412.JPG IMGP0385.JPG

幾つも橋をくぐり、山間を抜けてハドルを漕ぎ続けると、いつの間にやら
水の色や臭いが変わっていた。と思ったらゴールの清水町に無事到着。
陽も西に傾き始めた午後4時、丘上がり。本日の川下り10qを完漕。
でも飽き足りないのか、土手の草むらをカヤックで滑り落ちる面々。
最後に全員で記念撮影し、狩野川を後にした。

IMGP0389.JPG IMGP0415.JPG IMGP0425.JPG

今回は、講師・タパさんのホームグランドである狩野川を一日楽しんだ。
9月中旬といえ、ギンギラ太陽の日差しを浴びて真っ赤に日焼けした
みんなの笑顔がとても印象的だった。
伊豆長岡の温泉に浸かり、温泉饅頭も食べ、心も体も癒して帰宅。
次に沼津へ出掛けるときは、シーカヤックにチャレンジしてみたい!


posted by スローライフ掛川 at 2007/09/21 20:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第5回講座/狩野川下りのご案内(9/17)

第5回カヤッキング講座/伊豆の国市・狩野川編

9月に入っても相変わらず暑い日が続きますね。
さて、次回のカヤッキング講座(第5回)は、7月に台風接近で
中止となった「狩野川下り」に挑みます。
タパさんのホームグランドの狩野川、乗ってヨシ、流されてヨシ、
食べてヨシの伊豆の玄関口へ元気に出掛けましょう。

■日時/来る9月17日(祝) 午前10時より約4時間
07:00〜掛川市役所P集合、東名高速道路を利用し一路沼津へ
10:00〜沼津・カヤックタパ着、伊豆の国市・狩野川下りへ
14:00〜伊豆長岡温泉にて疲れを癒す
16:00〜沼津発、東名高速道路を利用し帰路へ
19:00〜掛川市役所着予定

■集合/同日午前7時に掛川市役所駐車場
※皆さんに車をご提供頂き、乗り合いにて沼津を往復します。

■会場/伊豆の国市・狩野川下り約4kmコース

■服装/濡れてもよい格好。ヘルメット、ライフジャケット貸出
※天候により気温の変化も激しい季節。各自の体調や天候により
服装等をご準備下さい。レンタルウエア・シューズ申込受付中

■持ち物/笑顔(^^)

■その他/
1.昼食はタパさん特製品が振舞われます。飲み物や副食、おやつ等
は各自ご準備下さい。
2.講座終了後、最寄の温泉入浴を計画中。タオル等ご持参下さい。
3.悪天候等による予定変更は、当日朝6時までに連絡します。

8月下旬にねぼすけは、家族で「狩野川下り」を一足先に楽しんで
きました。広い川幅を有効に利用してこれまでのおさらいもヨシ、
カヤックを降りて“川の流れに身をまかせ〜♪”もヨシ、お宝探し
もできちゃうステキなステージです。
そうそう、紅白チームリレーを改めて実施し決着つけるからね〜


posted by スローライフ掛川 at 2007/09/08 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

9/2 カヤック運動会(第4回講座)

7月に予定していた第4回講座(狩野川下り)が台風で中止となった
ため、受講生は約2ヶ月半ぶりのカヤック。
前日のタパさんコンサート(何と8曲も熱唱したらしい)&交流会で
ブランクを感じさせてないチームワークがこの日も見られた。
カヤッキングコース後半戦のスタートは、受講生らの家族・友人を
交え、総勢30名余の大運動会を開催した。8月上旬に企画会議、
その後のセッティングを経てこの日を迎えた。

4617818.jpg

午前7時半、市役所Pに全員集合し、会場の弁財天川河口に向かう。
競技種目は予め告知されていたが、どんなことになるのやら全く
想像もできぬまま受講生らは車で会場に向かった。

IMGP0195.JPG IMGP0200.JPG

道具をセッティングし、まずは「ラジオ体操」から始まった。
「小学生の頃は毎朝、公園でやったよね〜」なんて言いながら、
朝の準備体操に余念が無い。ちなみに今時の小学生は夏休みの
ラジオ体操集会が無いらしい。
その後、チーム編成が発表され、紅組キャプテンにA山、白組は
H田の両女史。受講生&家族・友人、スタッフ、講師らが紅白
2チームに分かれて大会にのぞんだ。

プログラム1/カヤック綱引き
3艇のカヤックを連結し、最終尾艇同士を2mのロープで結んだ。
合図とともに一気に漕ぎ出し、相手チームを後退させた方が勝ち。
軍配はカヤックらしくパドルを使い、舟艇が軍配に着いたら決着。

IMGP0211.JPG IMGP0198.JPG IMGP0205.JPG

潮の流れもあり艇のコントロールがなかなか難しい。それでも各組
とも力を合わせて必死に漕ぎ続ける。結果、3勝2敗で白組の勝利!
朝からかなりハードな競技でスタートした。

プログラム2/パン食い競漕
吊り下げられたアンパンに向かって紅白各2人が漕ぎ出す。われ先に
と先を急ぐも、勢い余って通過してしまう者、バランスを崩して沈
する者など、企画者の思惑通りにギャラリーを楽しませてくれた。

IMGP0223.JPG IMGP0218.JPG IMGP0225.JPG

両組のバトルも激化し、パンに食いつく敵を体当たりで妨害したり、
パドルを使いパンを海水に落とす者まで現れる始末。この種目は紅組
が30点差(420点)で勝利をおさめた。

プログラム3/二人三脚
カヤックのバウとスターンに一名ずつが跨がり、ブイをUターンして
ゴールする。漕ぎ方、乗り方も自由、ここでも紅白両チームのバトル
はヒートアップし、水を掛け合ったり、相手を突き落としたり・・・

IMGP0235.JPG IMGP0231.JPG IMGP0240.JPG

この種目も紅組が6戦5勝(1敗)で圧勝。紅組の60点リードで
午前の競技を終了した。白組はH田キャプテンが緊急ミーティングを
開催し、午後の戦術を練った模様。一方の紅組は、潮の引いた水辺で
子ども達と小魚やカニを追いかける余裕を見せていた。


プログラム4/玉入れ
午後1時にゲーム再開。カゴならぬカヤックのコックピットに球を
投げ入れる競技。得点は手前から10〜60点。簡単そうに見えて
これがなかなか難しい。各人持ち球は2つ。

IMGP0251.JPG IMGP0256.JPG IMGP0255.JPG

いったん入った球が跳ね返って外にこぼれたり、風が邪魔して目標に
届かなかったり・・・ この種目も僅差ながら紅組の勝利となった。
最終種目を残してここまでの得点は、紅組730点、白組650点、
紅組が80点をリード! しかし・・・

プログラム5/紅白対抗リレー
各組2艇が一斉にスタートし、ライジャケ・パドル・艇を次の艇者に
バトンタッチ。いずれも同組2艇同時のスタートが条件とされた。
出艇順序や組み合わせが勝利のポイントと両チームが作戦会議。
とその時、最終種目を前に得点ボードを確認した審判部長のタパさん
(ちなみに白組に属す)が、「リレー勝利チームに100点」宣言、
「ぶっちぎりで勝つ!」と紅組・A山キャプテンが発言すれば、
「この時を待っていたわ!」と白組・H田キャプテンがニンマリ。

IMGP0259.JPG IMGP0262.JPG IMGP0265.JPG

各チーム員が選手兼アシスタントとなり、チームワークでリレーの
勝利を目指した。20m先に設置されたブイを1周して交代、競技は
一進一退の好レースでアンカーの決戦となった。タパさん、ハッスル
Fさんが先にゴールし、残る紅組・A山Cと白組・オガジーの戦いは
ひげの差で白組がゴールテープを切った。白組に100点が入る。


閉会式で本日の成績発表がされると白組は大喜び。優勝の白組には
タパさんから沼津アジの干物が贈られた。また、本日の優秀選手に
海水に浸かったアンパンが手渡された。

4619792.jpg 4619773.jpg IMGP0271.JPG

初めてカヤックに乗った人、親子で楽しく乗った人、取材に来たのに
カヤックに乗りまくる人、次年度カヤック講座の受講宣言をする人、
などいろんな人が参加し、アットホームな雰囲気のなか行われた
カヤック運動会(第4回講座)も午後2時過ぎ無事終了した。

IMGP0246.JPG IMGP0244.JPG IMGP0239.JPG

久しぶりのカヤックでしたが、受講生のパドル捌きは流石といわん
ばかりの上達ぶり。次回(第5回講座、9月17日)の狩野川下りが
とても楽しみだ。
posted by スローライフ掛川 at 2007/09/03 22:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

9/2 カヤック運動会を開催します!

7月14日(土)の代替事業として、「カヤック運動会」を
来る9月2日(日)に開催することが決定しました!
講師、スタッフ、受講生代表による運動会企画会議を開催し、
競技種目等も決定。当日は受講生のみならず、ご家族等も
お誘い合わせの上ご参加下さい(保険料等一部負担あり)。

日時/来る9月2日(日) 午前8時〜午後3時(予定)
※午前7時30分、掛川市役所P集合。乗り合いにて会場へ

会場/掛川市沖之須・弁才天川河口付近

内容/遠州灘の砂浜および弁財天川におけるカヤック競技等

1)ラジオ体操〜準備運動
2)綱引き〜カヤック同士を綱で結んで引っ張りっこ
3)パン食い競争〜カヤックに乗ってパンに食らいつく
4)二人三脚〜二艇のカヤックを横に連結し上手に漕ぎ進む
5)水球〜カヤックに乗り一つのボールを奪い合う
6)リレー〜メンバーが乗り変わりながら速さを競う
7)宝探し「私は名探偵」*
8)ビーチフラッグ *
9)ムカデ競争 *
*は陸上競技です。種目の実施順は変更します。

会費/受講生は無料、子ども:500円、大人:1000円


posted by スローライフ掛川 at 2007/08/11 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第4回講座/沼津・狩野川ツアーを延期

7/14(土)に予定していた、沼津・狩野川ツアーは、
台風4号接近による悪天候のため中止(延期)します。
この日のために日々訓練されてきた方、大変残念ですが
改めて好天のもとで開催したいと存じます。
振替日が決定次第、みなさまにご案内申し上げます。

posted by スローライフ掛川 at 2007/07/13 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第4回講座/沼津・狩野川編のご案内(7/14)

第4回カヤッキング講座/沼津・狩野川編

今年の梅雨は例年に比べて雨量が少なく、晴天率も高いよう
ですが、このしっとり感は鬱陶しいですよね〜
そんな梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、ノリノリの
カヤッキングチーム、今回はタパさんの地元「狩野川」を
舞台にトレーニングツアーを実施します。

■日時/来る7月14日(土) 午前10時より約4時間
■集合/同日午前7時に掛川市役所駐車場
■会場/沼津市・狩野川下り約4kmコース
■服装/濡れてもよい格好。ヘルメット、ライフジャケット貸出
※気温も高くなることが予想されます。各自の体調や天候により
服装等をご準備下さい。レンタルウエア・シューズ申込受付中
■持ち物/気合!(昼食はタパさん特製品が振舞われます)

※悪天候等による予定変更は、当日朝6時までに連絡します

【オプションツアーのご案内】
沼津に一泊し、15日(日)はシーカヤックに乗ってみませんか?
沼津の内浦・大瀬崎を巡る旅です。
海から見る富士山や沼津の街も最高!(らしいです^^)
参加費 6千円/人
宿泊はタパさん家に居候(雑魚寝)も可(野口英世1枚)
その他、近隣の民宿も手配可能です(一泊8千円以内)

今度の三連休は、みんなで沼津に乗り込むぞー!









posted by スローライフ掛川 at 2007/07/06 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第3回カヤッング「長島ダム・ミステリーツアー」の様子

前週に入梅宣言がなされ天候も心配されたが、時折薄日が差す
6月17日(日)、第3回目のカヤッキング講座が開催された。
場所は大井川の長島ダム湖。

午前8時、掛川市役所駐車場に集合、カレッジ事務局S藤氏に
見送られ、受講生&スタッフ総勢12名は長島ダムを目指した。
「今日は静水(流れのない湖)だから楽勝だね」などと車中会話、
しかしカヤックはそんなに甘ちょろいもんじゃーなかった。

IMG_3397.JPG IMG_3399.JPG IMG_3400.JPG

午前10時、井川線・長島ダム駅に到着。タパさんら講師陣と
合流の後、出艇場に移動。I川さんのご手配によりダム湖横に
車横付け。各自の身支度、用具チェックを済ませてスタート。
「長島ダム・ミステリーツアーと銘打ったが、実は行き先を
決めていないからミステリ〜」とタパさん。楽しみ〜〜
実はこのコース、前年度のカヤッキング講座で一番好評だった。
初体験の受講生も二度目のスタッフもワクワクドキドキで出艇。

ところが出廷間もなく受講生がそわそわしだした。
??? 艇が思うように真っ直ぐ進まないー
全員がリバーカヤックに乗艇したが、静水と思っていたそこは
毎秒何万トンの水が放流されているダム湖。支流から流れ込む
水や風の影響を受けて不規則な流れがあるようだ。
漕ぎ方を思い出し、また工夫したりしながら上流へ向かった。

程なくして、湖面に沈む旧井川線のトンネルが見えてきた。
「じゃあ、この中に入ってみよう!」
好奇心旺盛な受講生が続々と真っ暗なトンネルに向かう。
ダム建設のため迂回した井川線だが、旧線路や電柱が湖面から
ニョキっと顔を出している。以前、ここには集落や人の往来が
あったことを窺わせる光景だ。

IMG_3401.JPG IMG_3402.JPG IMG_3409.JPG

次に目指したのはレインボーブリッジ。アプト式鉄道・井川線
が通る鉄橋だ。地上数十メートルに位置に線路が敷かれており、
我々はその下をカヤックで通過した。赤い列車に向かって湖上
から大きく手を振った。
「めちゃめちゃ気持ちいいぞー」って叫んじゃいました。

昼御飯は、艇を降りて山を登り、井川線・奥大井湖上駅に隣接
コテージでいただくこととした。
たまーにしか列車が通らない井川線、ここぞとばかり人間枕木
に変身! 古い米国映画のワンシーンを再現したり大はしゃぎ。
昼食後は下り列車をホームから笑顔で見送り再出発。
(そういやぁ、乗客は怪訝そうな顔してみてたっけなー)

IMG_3411.JPG IMG_3412.JPG IMG_3413.JPG

さらに上流へ進むと湖面に林が出現した。かつて地上にあった
木立がダムに沈んだものだ。立ち枯れした木の間を進むと湖水
が急に冷たくなった。その先にはダムに注ぎ込む小さな源川と
滝があった。艇を降りて水に入る。
「ど冷てーーー」数秒間と足を浸けることが苦しい冷水の中に
飛び込むぞーと言い出すじゃあーりませんか。
いやはや、今年の受講生は元気と言うべきか、やることが半端
じゃありません。森のクマさん、サルさん、お嬢さん、次々と
岩の上から滝壷に飛び込んだ。お約束ではあったがまさか・・・

IMG_3430.JPG IMG_3426.JPG tapasan.bmp

野蛭に吸い付かれていることにも気付かず(ゴール後に発覚)
一路ゴールを目指してパドルを漕ぎ続ける。運よくカモシカを
見た人もいた。サルは100円、シカは300円、クマはいくら?
森と泉のロケーション下、腕がパンパンになるまでカヤックを
操り、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んだ。
カラダも心もリフレッシュして「よーし、頑張るぞー」と明日
への気力を得た長島ダムだった。

IMG_3418-1.JPG

近くの白沢温泉もりのいずみ(大人700円)の露天風呂に浸かり、
さらにリフレッシュして午後7時、掛川に戻った。
次回(第4回)は沼津・狩野川下りを計画中。しかしその前に
さらなる親睦を深めようと懇親会開催の提案も出始めた。
みなさーん、6月23日(土)、フォーラム&交流会終了後に、
掛川市内某所で「カヤッキングチーム・ミーティング」を開催
します。詳細が決定次第、ご案内します!
posted by スローライフ掛川 at 2007/06/18 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第3回カヤッキングのご案内(6/17)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第3回 『 ダム湖を探検しよう 』 −−−長島ダム湖
 【連絡】
  ★お弁当と飲み物は濡れない工夫を!
  ★そろそろ日焼け対策が必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時/平成19年6月17日(日)
   掛川市役所 8:00集合。
   乗り合わせて大井川鐵道 長島ダム駅へ向かいます。
   (タパさん達とは長島ダム駅にて10時集合)


◆会場/長島ダム湖


◆内容/昨年一番好評だった長島ダムです。
    流れのない静水・長島ダム湖の探検。
    ダム湖に沈んだ旧井川線の線路やトンネル、レインボー
    ブリッジを下から眺め、水面から空に向かって突き出た
    木々や、山間から流れ込む小さな川でカヤッキング。
    カヤックならではの景色が満載です。
    湖上駅へ上陸できればそこで昼食(上陸時足場の確保が
    出来ればですけどね)をとります。

  10:30 スタート地点へ
  10:45 スタート
  11:45 昼食
  12:20 出発
  12:40 レインボウブリッジ下へ
      帰路
  14:00 解散


◆必要な持ち物・ウエアなど/
 ※昼食・飲み物は各自ご持参ください。昼食をカヤックに積んで
  いくので、ドライバッグに入れるなど水に濡れない工夫をして
  ください。
 ※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は
  用意します。
 ※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエット
  スーツ、風をよけるためのナイロン系のカッパ(専用のもので
  なくても可)をご用意下さい。綿製品は禁物です
 ※水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け
  止め、眼鏡バンドなど。
 ※もう寒くないと思いますが、レンタルウエット・パドリング
  ジャケット・ウエットブーツを希望の方は、事前にご連絡くだ
  さい(レンタル料:ジャケット500円、ブーツ200円)。


◆悪天候時について
  当日 朝7:00までにスタッフから携帯メールにて連絡をいた
  します。

/以上
posted by スローライフ掛川 at 2007/06/06 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

番外編/大井川清流記

平成19年5月27日(日) 快晴
行ってきました、タパさんのお誘いにのって大井川清流下り。
参加者は、A山さん、K添さん、H田さん、そしてS木くんとねぼすけの5名。
行きの車中では、講師陣タパさん、F川さん、ハッスルFさんの年齢当てクイズや勝手な性格分析で盛り上がり、あっという間に千頭駅に到着。
天気もいいし、絶好のカヤック日和。よーし、やるぞー! と着替えだしたら靴を忘れたのに気づく。「タパさん、ブーツ貸して下さい・・・」

IMG_3351.JPG ohigawa1.bmp

準備整え午前10時30分、大井川に艇を浮かべた。前々日の雨にも拘らず水量もほどほど、なんといっても水が冷たくてきれい。来てよかった〜。
最初の瀬を越え、川が合流するポイントで流れに乗る練習をしばし繰り返す。みんなかなりの上達ぶりを見せているものの、リバーカヤック初体験のねぼすけだけはビビってた。そんでもここまで来たんでやってみっかーと思って流れに向かった途端、初チン。一瞬にして顔色が川色と化した。

そんな試練を乗り越えて、総勢11名は大井川を下っていく。順調と思っていた矢先、左カーブ、右カーブと続く瀬で約半数の艇が一斉にチン(×5) 下流へ流される艇を必死に追いかけるタパさんの姿が印象的だった。冷静に艇の行方を分析していたKさん、この程度でチンするの?と余裕綽々のAさん、悔しいけどあたしの顔は海色と化していたわけで・・・

正午となり昼食をとった。休憩場所の対岸には大きな岩が立ち、その下は深水。弁当を食い終わった男衆3人が川を渡り岩の上に立つ。ザフーン、ザブーン、ザブーン、勢い良く飛び込んだ。それを見ていた女衆、「私もやるー」と対岸に渡る。2児の母、そして若き乙女たちが岩からドボン、チャプン、ぽっとん、大きな水しぶきが上がる。日焼けしたねぼすけの肌に鳥が宿った・・・

IMG_3355.JPG IMG_3356.JPG IMG_3366.JPG

ところどころ浅瀬もあり、コース取りが難しく、時折吹き付ける風にあおられながらも次々と瀬を越えていく。あの瞬間がたまらなく気持ちいい〜。
けど、大きな岩にぶつかりそうになったり、後ろ向きのまま瀬に向かったりと、我ながらヒヤッとする場面もあった。自然相手のスポーツは一瞬の判断誤りや気の緩みが大事故につながることを痛感した。
これもきっと経験なんだろうと自分に言い聞かせ、疲れたカラだを休ませて、流れに任せて艇をクルクル回して楽しんだり。やっぱ楽しいよ、カヤックってさ。

白い煙をもくもくと警笛を鳴らすSLに向って大きく手を振りゴール。本日の川下り総延長9km。お疲れ様でした。
サポートしてくださったみなさん、ありがとうございました。今日の反省を課題に、また大井川清流下りをしたいと思った。今度はカレッジ受講生全員揃ってね。

帰り道は、川根温泉で天然掛け流しの湯にチン、さっぱりした〜

参加者から寄せられた感想

A山さん/(私だけ)チンしないで満足度200点満点の大井川下りでした。 ⇒ 長島ダムでチンさせてやるわ、ウシシわーい(嬉しい顔)

K添さん/飛び込み楽しかったですよ。(ねぼすけは)次回長島ダムで飛び込んでください。 ⇒ 明日から水泳教室に通いますふらふら

H田さん/布団に入っても川に揺られてる感じでした。タパさん、事務所泊はどうでした?⇒ 午前8時半、出勤したW君が道端に転がる口ひげ蓑虫を発見、無事保護したそうです眠い(睡眠)

S木くん/ねぼすけさん、筋肉痛ですか?ボクは全然平気ですよ ⇒ 同じ巳年なのに… やっぱS木くんみたいにカラダ鍛えんといかんなもうやだ〜(悲しい顔)















posted by スローライフ掛川 at 2007/05/28 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

特別編@ 大井川清流下りのご案内(5/27)

先日の気田川下り、お疲れ様でした。
皆さんのヤル気満々を支援するため、講師タパさんが
特別編(オプション)を企画して下さいました。
前回の復習とレベルアップを図りつつ、大井川の景色を
楽しみながら一日楽しみましょう。

■実施日
来る5月27日(日)

■日程
午前8時00分 掛川市役所P集合
午前9時00分 大井川鉄道千頭駅着
午後2時30分 終了
午後3時00分 解散
*湯量豊富な「川根温泉」に入浴、着替え可

■参加費
受講生5,000円/一般9,500円
(カヤックレンタル料、ガイド料、傷害保険料込)

■持ち物
前回同様(レンタルウエア、ブーツ有)

■申込方法
来る5月20日(日)までに、スタッフ久保田または山下、
連絡事務所・河住までご連絡下さい。最小催行人員4名

【タパさんコメント】
鮎釣りが始まる前の最後のチャンスです。
川のグレードは、気田川より緩やかな流れになります。
うまくいけばSLを見れるかも・・・


posted by スローライフ掛川 at 2007/05/15 23:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第2回カヤッキングの様子

5/13(日)、第2回カヤッキング講座「気田川下り」を敢行!

気田川に挑む前夜、講師の上野さん、古川さんよりカヤックの構造や特性に関するレクチャー、現場での注意事項等について2時間の講義を受けた。自然相手のスポーツだからこそ、いつも危険と背中合わせ。受講生はみな真剣な表情で講師の話に耳を傾けたとともに、チームの結束を強めた。そしてこの夜、新たな仲間が加わった。

受講生総勢9名は、13日午前8時に市役所駐車場に集合した。
車に荷物を積み込み、いざ秋葉神社下社に向けて出発。車中では、前夜座学の復習や川下りに挑む意気込みが交わされると思いきや、「日焼け止めって何使ってる?」、「帰りに温泉でもどう?」と盛り上がっていた。

3474932.jpg

午前9時15分、現地到着。先着していた講師らに挨拶し、準備に取り掛かる。都合で第1回講座に参加できなかった2名、前日に参加決意した1名も含め、全員がリバーカヤックに乗る。
薄曇ながら気温は高め、しかし山間を駆け抜ける風を強く感じた。後にこの風に悩まされることとなる・・・

まずは流れの緩やかな場所を見つけて、前回のおさらいと初心者のレクチャー。初参加の3名は沈脱訓練も実施。変化に富む川の流れに戸惑いながらも、フォワード・スィープとストロークを身に付けようと練習が続く。あっという間に正午を迎え、河原でお弁当を広げることとなった。コンビニ弁当もなぜか一味違う、「うまい!」

3474937.jpg

午後0時45分、いよいよ気田川下りに挑むときがやってきた。
本日の課題は、
@川の流れの特性をつかみ、危険回避ルートを選んで瀬を越える
A本流への進入(ストリームイン)と脱出(ストリームアウト)
B対岸へ渡る(フェリーグライド)。
C乗艇・下艇
これらを確認し、講師や先輩たちに続く。

瀬の近くには大きな岩や消波ブロックも多く、どのルートを通過すればスムーズに超えられるのか。かるがも一行は、講師の指導のもと、下流を目指す。感動に満面の笑みを浮かべる者、恐怖に大声をあげる者、バランスを崩し川に放り出される者・・・
思いは十人十色ながら、周りの温かいサポートのおかげで次々と瀬を越えていく。突然の強風に耐え切れず転覆する艇を先輩たちが救ってくれる。本当にありがたいことだ。

3474975.jpg 3474983.jpg ketagawa1.bmp


真っ直ぐ進もう、上手に水をつかもう、フェリーグライドをマスターしよう、時間が経つのも忘れ熱心に訓練を繰り返す受講生。しかし、濡れたカラダは思いのほか体力を失っていた。エディを見付け艇を漂わせ、時には上陸して休憩を繰り返し、午後3時30分過ぎにゴール。真っ赤に日焼けした受講生の顔は、少し疲れは見られたものの、満足感と達成感に満ちていた。初の川下り、無事終了!

冷たく澄んだ水、辺りを見回せば山々に新緑が芽吹き、川面には羽化したばかりの虫が飛び交う。日常生活では拝むことのできない場面が次々と目の前に飛び込んでくる。感動の一日だった。

3474931.jpg

今回のおさらい/フェリーグライド
川を横切り対岸へ移動するテクニック。エディ⇒側流⇒本流⇒側流⇒エディと艇を平行移動させていく。
1.艇を流れに対して一定角度に保ちながら漕ぎ進めれば、流れの動きにより艇は真横に移動。流れが速ければ速いほど、艇をより真っすぐ上流に向け、流れに対する角度を小さくする。
2.内側はフォワード・ストローク、外側はスィープ・ストローク。
3.目標に目線を向けて行動する。


posted by スローライフ掛川 at 2007/05/15 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第二回カヤッキングのご案内(5/13)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第2回 『 川下りをしよう。ドリンクを持って 』−−−春野・気田川
 【連絡】
  ★お弁当と飲み物は濡れない工夫を!
  ★ウェットスーツ希望の方は事前連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時/平成19年5月13日(日)
   9:30〜15:00
   秋葉神社下社河川敷駐車場。9:30集合
   http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E137.53.0.071N34.56.57.54&MT


◆会場/春野町・気田川
   ※会場にはきちんとした更衣室がありませんが、会場駐車場に
    外部トイレがあります。


◆内容/お弁当と飲み物をカヤックに積んで、川面から眺める
    景色、移り変わる風景、仲間とおしゃべりしながら、約4km
    の川旅の雰囲気を楽しみます。瀬が近づいたらパドルを握り
    締め、ポイントを見つけて流れの中へゴー。カヤックの操作
    を学びながら、川旅の雰囲気を楽しみましょう。昼食は、
    途中で岸に上陸していただきます。


◆必要な持ち物・ウエアなど/
 ※昼食・飲み物は各自ご持参ください。昼食をカヤックに積んで
  川下りをするので、ドライバッグに入れるなど水に濡れない工夫
  をしてください。
 ※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は
  用意します。
 ※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエットスー
  ツ、風をよけるためのナイロン系のカッパ(専用のものでなく
  ても可)をご用意下さい。綿製品は禁物です
 ※水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け止め
  、眼鏡バンドなど。
 ※水は、まだ冷たいと思います。レンタルウエット・パドリング
  ジャケット・ウエットブーツを希望の方は、事前にご連絡くだ
  さい(レンタル料:ジャケット500円、ブーツ200円)。


◆悪天候時について
  当日 朝7:00までにスタッフから携帯メールにて連絡をいた
  します。

/以上
posted by スローライフ掛川 at 2007/05/03 01:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

5/12(土)カヤック川下り事前講習会!

5/12(土)の夜、翌日のプログラムに向けて、川下りレクチャーを行います。
初の川下りになるので、事前に川の瀬の読み方や、川下りでのパドリングのコツなどをタパさんに教えていただきます。
自由参加ですが、川下りは静水のときの感覚とは全く異なりますので、ある程度の知識はもっていた方が断然よいです。都合のつく方はどうぞご参加ください。

●会場は、NPOの井村代表理事のお宅。18:00〜21:00の予定。
JR掛川駅北口をつま恋方面へ東進。オーバーブリッジをくぐり、1kmほどで右手にゴルフ練習場があります。その東隣のお宅。向かい側にはマルズバーという飲食店あり。まつした看板の工場の手前です。

●ご希望の方はメールでご連絡ください project@slowlife.info
posted by スローライフ掛川 at 2007/05/03 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第1回カヤッキングの様子

4/15日曜日、アクティ森・吉川を会場に第1回講座を開催しました。天候にも恵まれたこの日、受講生8名(残念ながら2名が仕事のため欠席)と講師・スタッフが初めて顔を合わせました。

brade.jpg

午前8時30分 掛川市役所Pに集合、簡単な自己紹介を済ませた後、一行は講師らの待つアクティ森へと向かう。この時点で「チーム・ヘビ」が結成される

DSC00025.JPG jyoseijin.jpg kawasumi-ashi.jpg

午前9時10分 アクティ森に到着。井村代表の受講歓迎挨拶に続き、講師のタパさん、そしてハッスルFさんの紹介を受けて準備に取り掛かった。ウエットスーツとライフジャケットを着用(みんな様になってる〜)し、準備体操とパドルの扱い方を教わった後、早速カヤックに乗り込む。昨年は、直進安定性の高いファンカヤックにまず乗り、水に慣れたところでリバーカヤックに乗り代えたが、今年はいきなりクルクルと回るリバーカヤックに全員乗船とのこと。しかしこの作戦が今日一日の成果を生んだ

hosoda.jpg kazoe.jpg

午前11時05分 初めて乗るカヤックに些か不安そうな表情ながらも、講師の指示通りに次々と吉川に出掛ける。右、左、右・・・ パドルを漕ぐも思うように前へ進まない。皆の表情は真剣そのもの。10分も経つとコツをつかんだのか、上流へ上り始める受講生の姿もチラホラ見え始めた。この頃、K添さんが小学生の時にカヤック訓練を受けていたことが発覚!やっぱね〜〜

午後0時00分 陸に上がって昼食。このとき、K林さんのサンダルに羽化したばかりのトンボを発見!トンボの横にあるのが抜け殻ヤゴ。みんなで代わる代わる覗き込み、デジカメでパシャパシャ。世に出たばかりのトンボ君も少々テレ気味でありました(笑)

DSC00029.JPG

午後1時00分 講師・タパさんの「さぁ、行くぞー」の号令で次々と川上に漕ぎ出す。みんなでサポートしあい、スムーズに乗り込んでるしー。午前の一時間足らずでみんな、カヤックの楽しさを覚えちゃって、トンボ囲んで仲良くなっちゃったみたい。ヨシヨシ。ギャラリー(受講生のご家族やカレッジスタッフなど)が見守る中、リバーカヤックを乗りこなそうと真剣そのもの

hori.jpg akiyama.jpg

午後はストローク(漕ぎ方)と沈脱のレッスン。ちょっとコツを教えられるとメキメキと上達しちゃう優等生ばかり。遅れをとってはと必死に自習するSTAFF・K住・・・
「じゃあ、上流へ行ってみよう!」とカルガモ一家は川上を目指すが、流れの急に箇所に差し掛かるとクルッとUターンしてしまうことしばし。鮎の溯上のごとく必死の形相。しかし、教わったばかりのストロークを駆使し無事全員、目的地点に到着。達成感で満面の笑みがこぼれる

karugamo.jpg koba2.jpg ishiyama.jpg

さてお次は本日のメインレッスン「沈脱」。転覆したカヤックから脱出するカヤッカーの命に関わるとても大切な技術で、これができないと流水に挑めません。タパさん、ハッスルさんの手本を受け、全員がチャレンジ。自らカヤックを転覆させたら水の中、ポンポンポンと合図した後ブクブクブクと水面に脱出。みんな上手い〜 ていうか、ホントに皆さんカヤック初めて?と疑う上達ぶり。次回は安心して気多川下りを満喫できそうです。

その後も熱心なストローク練習が続き、午後3時10分に終了。桜の花びらが水面に漂う4月の吉川はまだ冷たさを感じましたが、講師の熱い指導と受講生の情熱で初夏を思わせる一日となりました。お疲れ様でした。風邪ひかないようにお気をつけ下さい。

katakku.jpg

※ちょいと離れた場所で一人、沈脱にチャレンジしたねぼすけは、水の中でちょいとパニクってました。
(スタッフ/ねぼすけ)

posted by スローライフ掛川 at 2007/04/15 21:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第一回カヤッキングのご案内(4/15)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃第1回『静水でカヤックへ乗ってみよう』−−−アクティ森     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆日時/平成19年4月15日(日) 
   9:00〜15:00
   掛川市役所の西側駐車場 正面玄関前に8:30集合
   http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E138.0.5.367N34.45.57.124&ZM=11

   ※車に乗り合わせて、会場(「アクティ森」)まで移動します。

◆会場/「アクティ森」の裏を流れる吉川
   ※会場にはきちんとした更衣室がありませんが、会場駐車場にある
    外部トイレ内で着替えができます。会場駐車場から進水地までは
    徒歩1分内です。

◆内容/流れの緩やかなところで、安定性の良いカヤック(ファンカヤッ
    ク)と操作性の良いカヤック(リバーカヤック)の両方を体験し
    ます。
    パドリングの基礎を学ぶとともに、水上で転んだ場合の脱出の仕
    方もトライ。
    カヤックの楽しさを体感します。

◆必要な持ち物・ウエアなど/
 ※昼食は各自ご持参ください(「アクティ森」にはレストランがありま
  すが、身体が濡れていると入りにくいと思います)。
 ※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は用意し
  ます。
 ※水は、まだ冷たいと思いますので、レンタルウエット・パドリング
  ジャケット・ウエットブーツを用意します。
 ※ウェットスーツの下には、各自水着(寒いようなら更に、ラッシュガ
  ードや無ければ濡れてもよいTシャツなどを重ね着)を着用ください。
 ※バスタオル、日焼け止め、水分補給用飲み物、眼鏡バンドなどお持ち
  の方はご持参ください。
 ※少々の雨天時であれば決行する予定ですが、開催不可能のときは、
  7時までに携帯メールにて中止連絡をします。その場合の代案につい
  ては後日連絡します。
        

/以上
posted by スローライフ掛川 at 2007/04/11 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

カヤッキングの詳細

初心者を対象に、一年を通じてカヤックの世界を楽しみます。リバーカヤック、シーカヤックとフィールドを広げながら、自然に遊ばせてもらうクワイエットスポーツの魅力を体験します。技術とともに、自分なりの楽しみ方や自然の中で新しい自分と出会える講座です。カヤック艇、ライフジャケットは全回を通じて用意いたします。(レンタル料が含まれています。)

オリエンテーション&体験会――大池調整池(二ツ池)
■日 時: 平成19年3月25日(日) 13:00〜16:00
■内 容: 流れの緩やかなところでのカヤック体験。安定の良いカヤックと操作性の良いヤックの両方にトライし、カヤックの楽しさを体感します。
【参加費3,000円】

※参加後、本受講を決めて頂いてもかまいません。

JbLO1.jpg JbLO3.jpg IMGP4936.JPG


第1回 『 静水でカヤックへ乗ってみよう 』――アクティ森
■日 時: 平成19年4月15日(日)  9:00〜15:00
■内 容: 流れの緩やかなところで、安定性の良いカヤック(ファンカヤック)と操作性の良いカヤック(リバーカヤック)の両方を体験します。パドリングの基礎を学ぶとともに、水上で転んだ場合の脱出の仕方もトライ。カヤックの楽しさを体感します。

第2回 『 川下りをしよう。ドリンクを持って 』 ――春野・気田川
■日 時: 平成19年5月13日(日)   9:00〜15:00
■内 容: 川面から眺める景色、移り変わる風景、仲間とおしゃべりしながら、約4kmの川旅の雰囲気を楽しみます。瀬が近づいたらパドルを握り締め、ポイントを見つけて流れの中へゴー。カヤックの操作を学びながら、川旅の雰囲気を楽しみましょう。

第3回 『 ダム湖を探検しよう 』――長島ダム湖
■日 時: 平成19年6月17日(日)  9:00〜15:00
■内 容: ダム湖に沈んだ旧井川線の線路やトンネル、レインボーブリッジを下から眺め、水面から空に向かって突き出た木々や、山間から流れ込む小さな川でカヤッキング。カヤックならではの景色が満載です。

第4回 『 海へ漕ぎ出してみよう 』――御前崎マリンパーク・東湾(予定)
■日 時: 平成19年7月14日(土)  9:00〜15:00
■内 容: 御前崎の東湾で リバーカヤックとシーカヤック(長さ5メートルほどの細長いカヤック)に乗ってみよう。パドリングの上達を目標に、大海原へ気持ちよく漕ぎ出してみよう。 
      
第5回 『海でカヤッキング! 』――沼津・西浦
■日 時: 平成19年9月17日(月・祝)  9:00〜15:00
■内 容: 西浦木負の穏やかな海、透明度の高い場所で、富士山を見ながらのカヤッキング。安定の良い2人乗りのシットオントップも体験予定。海岸沿い、約6〜7qのカヤッキングです。

第6回 『春とは違う風景を秋の気田川でみつけよう 』―春野・気田川
■日 時: 平成19年10月21日(日)  9:00〜15:00
■内 容:秋の気田川を楽しみます。前回は6qでしたが、途中のランチをはさんで約13q下ります。春の風景とは違った気田川に身を置いて、非日常空間を思う存分楽しみましょう。

第7回 『 フェスティバル 』
■日 時: 平成19年11月25日(日) 
■会 場: キウイフルーツカントリーJapan 11:00〜15:00
■内 容:オーガニックファーミングの収穫祭、ダッチオーブンパーティを兼ねた
フェスティバル。受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し、交流し
ます。

■受講料: 会員63,000円 非会員66,000円 (税込み)
※受講料には、ベーシックプログラムの受講料、フェスティバル参加費、
 カヤックレンタル、傷害保険が含まれます。
※受講料は4月末日までに、下記口座にお振り込み下さい。振り込み手数料は
 各自ご負担下さい。
※分割可 4月末24,000円 7月末[会員]39,000円 [非会員]42,000円
 [振込口座] スルガ銀行 掛川支店 (普通)1010747 
 [口座名義] NPO法人スローライフ掛川

■回 数: 全7回 
■定 員(最少催行人員): 20名(12名)  
※定員と最少催行人員が設定されているため、受講希望者数により講座が
 成立しない、またはご参加いただけない場合がありますので、あらかじ
 めご了承下さい。

■必要な持ち物・ウエアなど
※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は 用意します。
※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエットスーツ、風をよけ
 るためのナイロン系のカッパ(専用のものでなくても可)をご用 意下さい。
 綿製品は禁物です。
※水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け止め、水分補給
 用飲み物、眼鏡バンドなど。
        
■講 師 
◎上野裕晃(タパさん)
カヌーショップ「カヤックタパ」店主
大きな体と髭がトレードマーク。水辺や野山を駆け回ることが大好きです。狩野川河童倶楽部(ジュニアカヤック)、奥駿河シーカヤック倶楽部、JSCAイントラ、PW指導員(沼津市在住)
ueno.jpg

      
◎古川和司(フルさん)
豊川をベースにカヤックのインストラクションを行う。
なぜか子供たちに大人気のまん丸顔のお兄さん。
JSCAイントラ、PW指導員


◎村瀬輝昭(ムラさん)
人生の波に乗れず海の波に乗ってばかりの波乗り大好きシーカヤッカー


【お願い】 
・各回ごと、現地集合・現地解散でお願いします。受講者には随時、会場
 への案内など詳細をお送りします。
・自然相手のスポーツです。大雨の場合など、急にスケジュールの変更が
 あることをご承知おき下さい。その場合、変更日が平日になることもあります。
・会場は、変更になる場合もあります。
posted by スローライフ掛川 at 2007/02/15 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。