12月のセッション「香りの効果が生活を変える」の報告

12月8日(土)
22世紀の丘公園「たまりーな」にてアロマの正しい知識を得る講座、「香りの効果が生活を変える」〜日常生活へのアロマの取り入れ方〜 が行われました。アロマ 015.jpg
今、アロマはストレス解消やスローライフなどの流れから注目されているアイテムです。気軽に買えるし価格もまちまち、香水の様に香りの好みだけで選んでよいものでしょうか…。古くからヨーロッパでは医療に用いられていたというアロマの基本を、この際学んでみました。

アロマ 026.jpg講師は、日本アロマコーディネーター協会 正会員で掛川市在住の石山佳味(いしやまよしみ)さんです。石山さんはご自身が、ピークに達したストレスをラベンダーのアロマで解消した経験から、アロマについて勉強し、今は正しい知識を普及したいとの思いから、今回初めて講座を開いて下さいました。

先ずは、アロマテラピーの意味から学びました。
アロマは芳香、テラピー(セラピー)は療法、アロマテラピーとは芳香療法の事で、植物から抽出した純精油(エッセンシャルオイル)の有効成分を用いて、自然治癒力を高める療法だそうです。
その歴史は古く、紀元前古代エジプトでは宗教儀式やスキンケアに用いられ、古代ギリシャ時代には科学的な解明もされ、中世のヨーロッパでは今のアロマテラピーの原型が既に出来ていたそうです。

アロマ 014.jpg香りと体のメカニズムには3つの吸収ルートが有るそうです。1つは嗅ぐ事によって脳を直接刺激するルート。2つめは鼻から入って肺に吸収され血液に入って全身を回るルート。3つめは皮膚に塗りけい皮吸収されるルート。いずれも、自律神経やホルモンバランス・免疫力に作用するそうです。ここは、石山さんが是非伝えたかった事で、「だから間違ったアロマ選びはしてほしくない」「純正の物を選んで買いましょう」との事でした。

ここで、室内にはアロマが焚かれました。集中を高める効果のあるレモングラスが噴霧器から拡散されます。このようにアロマの効果は大きく分けて2つ。交感神経を刺激して体にアクセル(興奮)をかけるものと、副交感神経を刺激して体にブレーキ(沈静)をかけるもの。それぞれに代表的なものは、アクセルにはオレンジやレモンの柑橘系、ブレーキにはのんびりコアラも大好きなユーカリがあります。また、体質や体調・症状によって不適合とされるものも一覧表で配られました。アロマ 017.jpg

休憩をはさんで、活用方法を具体的に実践するアロマクリームを作ってみました。先生の持参してくださった25種のアロマのうち組み合わせて15滴とキャリアハンドクリーム30ccを混ぜて作ります。組み合わせは全て自由。とは言えヒントのレシピを8種用意していただき、それぞれにお好みのアロマクリームを作ってみました。家に持ち帰り使ってどんな効果がでるのか楽しみです。アロマ 021.jpg

最後に、石山さんが日ごろ家庭や家族でどのようにアロマを用いているのか紹介していただきました。(ご主人の水虫対策まで披露していただきました。)
今回受講の15名は、全員がアロマテラピーの基礎知識や活用法を知りませんでした。今回の講座で、自分の嗅覚で体調を整える事が出来るアロマテラピーとは、趣向性のフレグランスや一般芳香剤とは違い『療法』だという事が学べたようです。



posted by スローライフ掛川 at 2007/12/10 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

12月セッション「日常生活へのアロマの取り入れ方」のご案内

香りの効果が生活を変える
〜日常生活へのアロマの取り入れ方〜

香りの基礎を学び、日常生活の中に
アロマの効果をプラスすることを提案します。
■日 時/2007年12月8日(土)am 9:30〜12:00
■会 場/22世紀の丘公園「たまりーな」研修室2
(掛川市満水1652)地図はこちら
■講 師/石山佳味(いしやまよしみ)さん 
日本アロマコーディネーター協会 正会員
掛川市在住
■内 容/@座学(60分)
A実技(60分) 
・自分だけのアロマクリームづくり など
      B質疑応答
■参加費 /受講生1,000円・会員1,500円・一般2,000円
■募集人員/男女問わず10名様まで(先着順)

◎申し込み制・有料・定員有りのセッションプログラム
お申し込み順に10名様までご参加いただけます。
[申込先] 
NPO法人スローライフ掛川 連絡事務所
掛川市城下5-10・1F コンセプト鞄
TEL.0537-22-0654 FAX.0537-22-0786
E-MAIL. project@slowlife.info
*****************************************
主催:NPO法人スローライフ掛川
掛川ライフスタイルデザインカレッジ
協力:学遊友(がくゆうゆう) 
*****************************************
posted by スローライフ掛川 at 2007/11/29 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

9/23セッション「一番星から天体観察」の様子

9月23日(日) セッション「一番星から天体観察〜夜空の向こうには〜」
講師/掛川市内在住のアマチュア天文家 西村栄男さん

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まだまだ暑い日差しの秋分の日、
秋の夜長を楽しむ天体観察会を開催した。募集開始と同時に多くの
申込と問合せを頂き、急きょ定員を増やし総勢40名を超える大勢での
鑑賞会となった。

午後5時、市役所に参加者が集まったときには曇り空。スタッフ一同
「ごめんなさい、今晩は星が見られないかも・・・」とお詫びしつつ、
西村栄男さんが1994年7月に彗星を発見した五明の丘へと向かった。
現場にはすでに西村さんと同じく天文家の金子さんが天体望遠鏡を
セットして待ち構えていてくださった。
「雲の切れ間から月が見られますよ。どうぞ覗いてみて下さい」と
西村さん。さっそく代わる代わる大きな筒状の反射望遠鏡を覗くと
大きな月がくっきりと見えた。クレーターが手に取るように間近に
見えて思わず手を伸ばしたくなる。

辺りが暗くなり始めた頃、カレッジ・サイクリングコースの面々が
自転車に乗って到着。全員揃ったところでいよいよ講座がスタート。
西村さんは、中学生の時から天体観測に興味を持ち始め、以来40年間
自作の天体望遠鏡などを使って夜空の観測を続けているとのこと。
これまでに彗星1つ、新星8つを発見したそうだ。発見者はその星に
自らの名前を冠することができる。1994年にここ五明の丘で発見した
彗星は「中村・西村・マックホルツ彗星」と名付けられ、同地には
記念碑が建てられている。以来、アマチュア天文家が同地を訪れては
新星を追っているらしいがそう簡単には見つからない。
陽もとっぷり暮れた頃、南の空に今夜の一番星「木星」が輝きだした。
西村さん、金子さんが木星にズームイン。しかしすぐに雲隠れして
しまい、残念ながら五明での天体観察を諦めて、市役所会議室に移り
第2部「スライドを使った天体講座」に入った。

夏の南の夜空は太陽系銀河が永遠に続いているとのこと。彦星こと
「アルタイル」、織姫こと「ベガ」、その間を流れる天の川。そして
白鳥座の「デネブ」、この3つが「夏の大三角形」と呼ばれいる。
夏の星座図を示しながら西村さんが解説。
我々がいま見ている星の明かりは、何百万年もの気の遠くなる歳月を
経て地球に届いたものだそうだ。いったい星はいくつあるのだろう。
輝いては消えていく星を毎日追いかけている天文家。

彗星を追い続けていた西村さんだが、いん石衝突を観測するビジネス
が米国で始まり、以来申請が難しくなったため、新星発見に転換。
コンピュータを搭載した最新型望遠鏡が主流の現代にあっても同氏は、
使い慣れた双眼鏡と三脚、そしてカメラを車に積み、夜な夜な新星を
追い求めているとのこと。「目標に向かって努力を惜しまないこと」
と西村さんが語った。

年間に3つの新星を発見するという、世界最速のペースで自らの名を
冠した星を空に描き続ける。星への浪漫を持ち続け、発見の喜びを
家族や仲間と共有する。星を語る西村さんの笑顔に、こちらも思わず
うれしくなった。

秋の彼岸ということで、ぼったー(おはぎ)をいただきながらの講座。
残念ながら曇りに邪魔されて満天の星を拝むことはできなかったが、
ロマンチックな星の話を聞き、中秋の名月を観賞している方も多い
だろう。我が家もススキの向こうにウサギが餅つきしている様子が
見える。








posted by スローライフ掛川 at 2007/09/25 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

9月セッション「一番星から天体観察」のご案内

KLDC2007セッションのご案内
一番星から天体観察 〜夜空の向こうには〜

大人になってから、じっくりと夜空を眺めたことがありますか?
「星は何でも知っている」
「夜空の向こうには」
「上を向いて歩こう」
夜空は私たちに希望や夢を与えてくれるとともに、ときには人生の
道標ともなります。
秋の夜のひと時、みんなで天体観測に興じてみませんか?
あなたの一番星が見つかるかもしれません。

■とき/9月23日(日) 午後5時、市役所P集合
  17:00  掛川市役所正面玄関前にて受付、車相乗りにて現地へ
  17:30頃 五明の丘にて天体観測 (軽食を用意します)
  19:30  終了、現地発
  20:00  掛川市役所Pにて解散

■ところ/掛川市上西郷地内・五明の丘(新星発見の地)

■講師/西村栄男さん <6つの新星を発見しているアマチュア天文家>

■参加費/受講生500円、NPO会員1,000円、一般1,500円(軽食付)

※9月14日(金)までに連絡事務所(22-0654)までお申込ください。
 但し、定員15名に達し次第、募集受付を終了させていただきます。
※本事業は、掛川ライフスタイルデザインカレッジ・サイクリング
 コース第5回講座との併催です。同コース受講生は別日程となり、
また申込手続きの必要はありません。
※会場(五明の丘)には駐車スペースもないため、当スタッフ用意の
 車に分乗していただきます。
※天体観察用の望遠鏡等お持ちの方はご持参ください。
posted by スローライフ掛川 at 2007/09/12 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

6/3セッション「小笠山の夏の鳥を楽しもう」の様子

セッションvol.1
小笠山の夏の鳥を楽しもう


6月3日(日) 午前6時、小笠山北麓の富士見台霊園入口に集合。早朝の開催にも拘らず参加者はスタッフ含め33名。前日のフォーラム講師・鉄矢悦朗先生もご参加いただきました。ありがとうございます。

本日の講師は、日本野鳥の会遠江支部所属の山崎孝弘さん、中村幸子さん、そして鈴木さん。「この時期、野鳥は繁殖期に入りとても神経質になっています。静かに鳥のさえずりに耳を傾けて見ましょう」とアドバイスを受けて出発。

エコパに通ずるバイパスを越え程なく与左衛門の池に差し掛かる。この辺りは至るところに隧道が通る。小笠山から湧き出た清水が心癒してくれる。と同時に、いろんな鳥の声が耳に入ってきた。

3500819.jpg

事前に配られた資料には、キビタキなど野鳥のカラーイラストとききなし(鳥の鳴き声を言葉に変換したもの)が記されていた。
「今の鳴き声は何?」
「あの白い鳥は何だろう?」とつぶやきながら進む。

カーブを曲がると三脚に望遠レンズ付デジカメ、迷彩服を身にまとった男性に遭遇。どうやらサンコウチョウの出番を待ち、早朝から陣取っている様子。サンコウチョウは、「月日星(ツキヒホシ)、ホイホイホイ」と鳴き、色が特徴的な人気の野鳥。静岡県の鳥でもある。運がよければ見られるかも、と小笠山を会場に選んだのであった。

雑音の無い森の中を早朝から散策するのは実に気持ちよい。気が生い茂っているため鳥の姿はなかなか目にすることはできないが、何種類もの鳥の鳴き声が聞こえるのだから、あちらこちらに姿を隠しているに違いない。講師がスコープを構え居場所を探る。そのとき、一行の頭上をサンコウチョウが! 一瞬の出来事に目撃した参加者は一部だった。その後もしばらく待っても再び現れることはなかった。

3500936.jpg 3500984.jpg

小笠山にはいろんな鳥が巣を構えているらしい。夏の鳥、冬の鳥、一年中過ごす鳥。季節によって聞こえるさえずりも違う。何といってもロケーションがいい。身近にこんなステキな自然環境があることを改めて知らされるとともに、この状態を後世に必ず引き継がなければと感じた。何度も書くが、心安らぐひと時を過ごすことができた。
ウグイス、キビタキ、オオルリ、サンコウチョウ・・・
小笠山に集う野鳥の姿、さえずりをまた楽しみたいと思いながら午前8時30分に解散。お疲れ様でした


posted by スローライフ掛川 at 2007/06/05 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

6月セッション「小笠山の夏の鳥を楽しもう」のご案内

セッションvol.1
「小笠山の夏の鳥を楽しもう」のご案内


ベーシックプログラム第1回セッションは、早朝バードウォッチングです。
私達の身近には、実に個性豊かな野鳥がたくさんいます。
自然豊かな小笠山を散策しながら、野鳥を観察してみませんか?
日々の生活では特に気にしてもいなかった鳥の囀りにそっと耳を
傾けてみると、自然や季節の変化がとても敏感になるそうです。
静岡県の鳥「さんこうちょう」の鳴き声(月、日、星、ぽいぽい)
など小笠山に集う夏の鳥を観察しながら休日の朝を楽しんでみませんか。

■講師/日本野鳥の会 山崎孝弘(やまざき たかひろ)氏 他
■日時/平成19年6月3日(日) 6:00〜8:00頃 *少雨決行
■場所/小笠山北麓(与左衛門の池周辺)
■集合場所/富士見台霊園駐車場(県立掛川東高南側)
■持ち物・服装/双眼鏡(無くても可)、歩きやすい服装・靴
■参加費/受講生500円、NPO会員1,000円、一般1,500円
■定員/30名
※事前にお申し込み下さい。申込締切 来る5月30日(水)
  定員になり次第、締め切らせていただきます。
 
[山崎孝弘(やまざき たかひろ)氏 プロフィール]
日本野鳥の会遠江支部所属
小笠山の自然観察会、バードピア(浜北森林公園)、日本野鳥の会遠江支部主催の探鳥会などでバードウォッチング案内人。

この時期、繁殖期に入った野鳥はとてもデリケートです。
騒がず、追い掛け回さず、自然に生息する様を保護しながら
観察することが大切です。

posted by スローライフ掛川 at 2007/05/07 22:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ベーシックプログラム>参加型セッション

参加型セッション

ベーシックプログラム・セッションは、ありたい生活、美しい毎日を創造するための基礎講座(90〜180分)。地域の専門家を講師にむかえたフィールドワークまたは体験プログラムを行ないます。平日は夜、休日は日中を中心に開催します。

■セッション開催日
※不定期開催(年4回以上)
※開催約1ヶ月前にご案内しますので、事前にお申し込みください
 (受付は先着順となります)

1月セッション「フランス車が生活を変える」.JPG 7ZbVulGXg[g[NVbvv.JPG DSC02441(uOpj.jpg

■参加費 : 内容に応じて、定員および参加費が設定されます。
        ※ベーシック受講料に参加費は含まれていません


《2006年度 実績・セッション》
6月「私の価値観を変えたフライフィッシングとはどんな“遊び”か?」
講師/川野信之氏(『フライフィッシング用語辞典』著者)

7月「浜野安宏と歩く―掛川ストリートワークショップ」
講師/浜野安宏氏(ライフスタイルプロデューサー、浜野総合研究所所長)

7月「水面に浮かぶ愉しみ―カヤック体験」
講師/上野裕晃氏(カヤックタパ、JSCAインストラクター)

9月「うまさ120%のご飯を食べる〜田んぼウォッチング&ごはん炊き」
講師/長坂潔暁氏(安東米店、五ツ星お米マイスター)

10月「時空実感が生活を変える」
講師/鈴木政春氏(静岡県地学会会員)
    西村栄男氏(アマチュア天文家、彗星発見者)

12月「バードウォッチングが生活を変える」
講師/山崎孝弘氏(日本野鳥の会会員)

1月「フランス車が生活を変える」
講師/中村樹氏(フランス車オーナー)

2月「ラジオ局を開設するには」
講師/日吉浩之氏(K−MIX編成制作部制作グループ主任)
posted by スローライフ掛川 at 2007/02/21 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>参加型セッション

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。