第4回Nippon学 ---「Nipponの書」の感想

 Nippon学スタッフのアメリカ人のSが,筆を使った白と黒のアート「Nipponの書」に挑戦しました。そのときの感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

This Nippon Gaku session was fun and interesting, especially for a Westerner like me. As you know, the Roman alphabet is used in English. In this writing system, there is no connection between the appearance of written words and their meanings. However, there is a clear connection between many kanji and their meanings, for example: yama, kuchi, ki. To a native English speaker, this is a challenging and fascinating way to use language.

Ono sensei told us that long ago, being a professional scribe in Japan was considered lowly work. This is surprising to me because I think using kanji requires a high level of precision and imagination.

In our morning session we had lots of time to practice and improve writing “forever”. At lunchtime the staff served us delicious miso soup. In our afternoon session we practiced kimbun. We each chose a kanji and explored artistic and creative ways to write it without striving for perfection. Because I am not good at writing kanji, I especially enjoyed this activity! After an afternoon break for delicious coffee and sweets, we made wall hangings of our kimbun.

We were amazed at the end of the day as each person presented his or her wall hanging. Each person’s particular style and personality were easy to see in the finished product. It was a long but satisfying day that I will never forget. Thank you to Ono sensei and all who participated.


スザンヌ書.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<和訳>

 今回のNippon学の講座は,西洋人の私にとって格別興味深いものとなりました。ご存知の通り,英語の表記ではローマ字を使いますが,文字の形とその意味には関連性がありません。しかし,漢字には「山(yama)」「口(kuchi)」「木(ki)」のように,明確な関連性があります。英語のネイティブ・スピーカーにとっては,言語を操る上で非常に興味深い方法だと感じます。

 小野先生によれば,昔,日本では石などに刻まれた文字を紙に書き写す作業は,身分の低い者の仕事だったそうです。貴重な紙を使って限られたスペースを無駄なく使うために字体が派生したと知って驚きました。

 午前中のセッションでは,「永(forever)」の字が上達するように時間をかけて練習をしました。お昼には,スタッフがおいしい豚汁を用意してくれました。午後のセッションに入って,今度は「金文」を練習しました。受講生やスタッフ各人が,自分が書く文字を選び,完ぺきさを求めるのではなく,芸術的かつ創造的な手法を模索しながら表現しました。私は漢字を書くのが得意ではないため,このアクティビティは特に楽しかったです。コーヒーとお菓子で休憩を入れた後,作品を飾る掛け軸を作りました。

 講座の終わりには,全員が自分の掛け軸を発表しました。作品には,それぞれ独自のスタイルや個性が見て取れました。長い一日でしたが満足できる一日であり,記憶に残る日となりました。小野先生,参加者のみなさん,ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by スローライフ掛川 at 2008/02/02 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81953378
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。