第2回 Nippon学の感想

 Nippon学スタッフのアメリカ人のSが,今回,初訪日のお父さんと初めて日本の民族衣装に”袖を通して”みました。そのときの感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

My 67-year-old father recently had a hip replacement. After surgery, he called me and said he wanted to “test drive” his new hip in Japan. So he came to visit us the weekend of our Nippon Gaku Kimono class. Muraki Sensei graciously invited Dad and me to be models. She was kind enough to dress us in her priceless family heirloom kimono. We were honored by Muraki Sensei’s generosity and patience.

We learned that kimono once worn by grandparents can be cut apart, redesigned, dyed different colors, and worn by three generations or more. I was overwhelmed by the gorgeous variety of color combinations and fabrics. Some students brought their kimono in a special suitcase, carefully folded so that they looked fresh and perfectly creased at all times. I was surprised to learn that the hidden undergarments are just as beautiful as the outer robe of the kimono. This attention to detail, even when no one else can see it, strikes me as “very Japanese”.

We worked in pairs or small groups to dress each other under Muraki Sensei’s supervision. As expected, the women needed more time to dress than the men. This seems to be true wherever you go in the world. Wearing kimono changed not only our appearance but also our behavior. We spoke more softly, moved more gracefully. We were aware of the dignity and respect that kimono demand of both the wearer and the observer. It made our tea ceremony a special event that required something extra from us that our everyday clothes don’t require.

My Dad’s new hip required something extra of me, too. He has recovered well but he still needs help with his shoes and socks. Before I came to Japan, this would have been a problem for me. In my culture, if an adult needs help dressing himself, it is often a sign of weakness that places an unfair burden on the helper. Also, my Dad has always been an all-powerful, heroic figure to me. When he asked me to help him with his shoes and socks, it was an unfamiliar situation for both of us. Fortunately, my previous adjustment to life in Japan prepared me for this moment.

During the past year, I have needed help with most of my everyday activities like reading, writing, speaking, shopping, and even bathing, using the toilet and washing clothes. At first, I was embarrassed and frustrated by how much help I needed. Yet rather than feeling like a burden, my Japanese friends have made me feel welcomed and cared for. I have learned to be grateful for the help and for the bond of friendship that results from it.

That’s why, during Nippon Gaku class, I didn’t feel embarrassed as I knelt at my Dad’s feet, took off his shoes and socks, and put on his tabi. I felt honored. It was an act of dignity for him, not shame. The Nippon Gaku Kimono Session was a unique privilege for us. My Dad and I will never forget this rare experience that made Dad’s visit to Japan the opportunity of a lifetime. We thank Muraki Sensei, Kakegawa Lifestyle Design College Staff and the other Nippon Gaku students for what we learned and for the beautiful memories we made together.
                  きもの1.jpg   きもの2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<和訳>
 先日,67歳になる父が人工股関節手術を受けました。手術後,父が電話をしてきて「日本で新しい人工関節を“試運転したい”」と言い,Nippon学の「Nipponの装い」が開かれた週末に日本にやって来ました。講師の村木先生は,父と私にモデルをするように提案してくださり,先生のお宅に代々伝わる貴重な着物を私達に着付けてくれました。先生の寛大さを非常にありがたく思いました。

 講座を通じて,日本では祖父母が身に着けた着物を仕立て直し,時には別の色に染め直して3世代以上も引き継がれることがあることを知りました。私は,着物の生地や色彩の豊かさに圧倒されました。受講生の中には,着物を注意深く折りたたんで皺が寄らないように特殊なかばんに入れて持ってきた人もいました。私にとっては,ひと目に触れることを想定していない肌着が着物と同じぐらい美しいことが驚きでした。この細部への配慮が,“非常に日本的”だと感じました。

 講座の中で村木先生の指導の下,私達はペアまたは少人数のグループで着付けに挑戦しました。予想通り,男性よりも女性のほうが時間がかかりました。これは世界共通のように思えます。着物を着ることで,姿だけでなく振る舞いにも変化が表れ,話し方が優しくなり,動きも優雅になりました。着物は,着る者と見る者の両方に厳かさを感じさせます。そのため,茶会は普段着とは違う「特別な何か」が必要とされるイベントとなりました。

 私にとっては,父の新しい人工関節も「特別な何か」を必要とするものとなりました。術後の回復は順調なのですが,まだ靴や靴下を履く時に手助けが必要です。もしこれが,私が日本に来る前だったら,問題になっていたでしょう。というのは,私の文化では,大人が衣類を着るときに手助けを必要とすることは,弱さの象徴であり,介助者にとって負担になると考えられているからです。父は私にとって,常に全能で英雄的な存在であり続けました。父が靴と靴下を履く際に助けを求めた時,父にも私にも不慣れな状況でした。でも,私の日本でのこれまでの生活や体験によって,この瞬間に向けて心の準備ができていました。これは,父にとっても私にとっても幸いなことでした。

 私は過去1年間,読み書きや,会話,買い物,お風呂の入り方,トイレの使い方や洗濯の仕方まで,日常生活のほぼすべてにおいて助けを必要としてきました。最初は,人の助けを必要とする状況を恥ずかしく思い,欲求不満を感じていました。しかし,日本人の友人達は,これを負担と感じるよりも,喜んで受け入れて面倒を見てくれました。この経験から,人からの助けを感謝し,助け合うことで友情の絆が強くなることを学びました。

 そのため,Nippon学の講座で父の足元にひざまずき,靴と靴下を脱がせて足袋を履かせることに戸惑いを感じることはなく,誇らしく思えました。父にとっても,助けを求めることは恥ずかしい行為とはなりませんでした。Nippon学のNipponの装いの講座は,私たち親子にとって得がたい体験となりました。父と私は,父の来日を特別なものにしたこの貴重な経験を忘れることはないでしょう。共に学び,すばらしい思い出を作った村木先生,掛川ライフスタイル・デザイン・カレッジのスタッフ,受講生の皆さんに感謝したいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by スローライフ掛川 at 2007/12/30 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75483886
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。