第4回フライフィッシングプログラムの報告

大井川の源流に行ってきました。

本来は7月のプログラムでしたが台風のため中止となり、9月16日・17日の連休に延期し、第4回目の講座を開催しました。

受講生の皆さんの都合を調整しながら日程を組みましたが、決定後の出発直前に3名の方が不都合になってしまいました。…残念です。よって、6人の受講生と川野講師と小川講師、スタッフ、サポートスタッフ、プラス1名の同行者の合計16名で賑やかに行ってきました。

9月16日(日) 

am3:45
雨の残る真っ暗な市役所駐車場に集合です。懐中電灯で照らしながら、参加者の顔や荷物を(コソコソと)チェックします。

am4:00
3台の車に分乗して、目指すは大井川の上流「畑薙(はたなぎ)ダム」へ。片道100km・4時間の道程です。途中、空が白み始めたかと思うと雨が降り、車窓から見える大井川も台風9号の影響で濁っています。現地の予報は、16日は曇り時々雨、17日は曇り、雨の影響で水位は上がっているものの水質などの条件は悪くないとの事。下界とは違う上流の世界が待っています。

@07E09E16 016.jpg@07E09E16 018.jpg@07E09E16 017.jpg

am7:15
目標にしていた到着時間前に畑薙ダム手前の駐車場に到着しました。寝不足&長時間&山道のドライブお疲れ様でした。ここから先は道路が崩壊して車では進めません。重い荷物を背負って仮設道路を歩きます。これも貴重な体験です。

@07E09E16 022.jpg@07E09E16 021.jpg二軒小屋 07・09・16 078.jpg

am7:45
宿泊先の二軒小屋ロッジの送迎マイクロバスに乗り込みます。運転手の不遜な態度に少しムッとしながら、舗装されていない山道を揺られて行きます。2000m・3000m級の山々を進む道は、迫る山を見上げたり渓谷を見下ろしたり、倒木や崩落の自然の姿と景色の美しさに驚いた1時間30分間でした。

@07E09E16 024.jpg@07E09E16 028.jpg二軒小屋 07・09・16 086.jpg

am9:30
二軒小屋ロッジに到着。そこは48床ある頑丈な丸太ロッジです。テラスからは白樺の生える庭が見下ろせて、その先には人工の大きな滝がある美しいロケーションです。部屋に荷物を運び一服したら、着替えて釣行モードに切り替わりました。

@07E09E16 027.jpg@07E09E16 077.jpg@07E09E16 029.jpg

am10:00
ロッド、リール、ウエーダー、ウェーディングシューズ…、4回目の講座ともなると皆各自でセッティングが出来ます。簡単にブリーフィングをして、滝の前で記念撮影。

二軒小屋 07・09・16 023.jpg二軒小屋 07・09・16 030.jpg二軒小屋 07・09・16 042.jpg二軒小屋 07・09・16 034.jpg@07E09E16 031.jpgfishing 040.jpg

落差30mの滝の上を渡り、最初のポイントで、渡渉の練習です。ルートの見極め・ストックのつき方、ロッドの預け方のレクチャーを受けて実習です。女性は身軽なので早い流れの中では不安定になります。コツは自分より重そうな人や男性を頼りにする事だそうです。それさえ知れば、後はファイト!!過去3回の講座で未だ釣果を得ていない受講生には、講師のマンツーマンの指導付き。今回は何としても釣果を上げて頂きたいものです。一人で釣りたいクンはご自由にファイト!!スカスカのつり橋を渡り、雨が降り始め、赤い鉄橋を分岐点に西俣川・東俣川に分かれて更に上流へと進みます。

DSC_0218.jpgDSC_0220.jpgDSC_0238.jpg

am12:00
大自然の中の河原でお弁当を広げて「あ〜、幸せ」。それで満足してしまったら釣果に影響しますよ。

E16 035.jpg二軒小屋 07・09・16 036.jpg二軒小屋 07・09・16 041.jpg

pm16:00
ロッジに戻ったら初のフィッシュオン!の報告が有りました。「おめでと〜」皆さんの状況を聞くと、水量の違いもあり東俣・西俣の選択が一つのカギだったようです。いっぱい釣れた人は「明日も楽しんで」。魚の気配も無く呆然としてしまった人は「明日こそ!!」です。その後の入浴・夕食・軽い宴の楽しさは画像でどうぞ。

二軒小屋 07・09・16 043.jpg二軒小屋 07・09・16 062.jpg@07E09E16 072.jpg

17日(月・祝)

am7:00
朝食です。ロッジでの料理は、こんな不便な場所なのに…とありがたくなるような美味しさです。ごはんをおかわりして、力をつけて大物を釣り上げましょう。

am8:00
釣行の支度をして、荷物をまとめてチェックアウト。また、雨が降ってきましたが、昨日同様に変化の早い山の天候です。「大丈夫!今日はいいよ!水位も下がったし!」とブリーフィングを終えて出発しました。因みに私、未だ釣果の無い内のひとりです。ロッジから更に歩いて1時間、自分の背丈よりも高い草むらを分け入って、人がなかなか入り込んで居そうも無い渓流に下りました。今日は景色に満足することなくとにかく釣果を!! ・・・・・・!!でした。

二軒小屋 07・09・16 083.jpg二軒小屋 07・09・16 039.jpg二軒小屋 07・09・16 095.jpg

pm13:00
それぞれの釣果を心に刻んでロッジに集合しました。大自然の中での居付きのイワナは、美しく、敏感です。自分の投じたフライに、突然ぐらんっと石の影から現れる。滑りのないキラキラとした身を捩って抵抗をする。そんなイワナの姿に参加者の誰もが何か感じるものがあったのではないでしょうか。その余韻に浸りながらアマゴの甘露煮と鶏肉がのったロッジ特製弁当を食べ、13:30発の帰路のバスで乗り込みます。後ろ髪を引かれながら・・・、大井川を下りました。
もちろん帰りも6時間でした。

二軒小屋 07・09・16 087.jpgDSC04831.JPGDSC04816.JPG

では、帰路の途中で頂いた感想を少し紹介します。
・静岡市内に住んでいながら、同市内のこんな場所に来られて、大変希少な経験でした。
・釣り歴10年以上ですが、目の前にこんなに魚が居るのに、こんなに釣れなかった事は初めてでした。
・釣りに来て魚以外の事をこの自然の中で学びました。皆さんもそれぞれ感じることがあったと思います。
・天候・水量・水質ともに良いコンディションに恵まれました。
・ビギナーから4回目の講座で自力で釣り上げた成長を悦んでいます。
・(川野先生)一番楽しかったのは、昨夜の小宴会です。
・昨年は釣れず、自分のなかでの目標がひとつ達成できました。

DSC_0271.jpgDSC_0289.jpgfishing 031.jpg

そんな事で、大成功の大井川源流への『遠征キャンプ釣行』でした。
次回は、10月14日 長野県遠山川へ『アマゴの産卵ウォッチング』に出掛けます。


posted by スローライフ掛川 at 2007/09/20 11:04 | Comment(2) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>フライフィッシング
この記事へのコメント
帰ってきて、尚更後悔がく〜(落胆した顔)なんか収まりが着かないので明日、忍野に行こうと計画中!すれすれのニジマスつれっかな?冷や汗2
Posted by なかみっちゃん at 2007年09月22日 18:51
おまけと言うにはモッタイナイ写真があります。

http://e-jan.kakegawa-net.jp/modules/topic/topic_view.phtml?id=35474&grpcd=114497
Posted by 八 at 2007年09月22日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ヤマトイワナに出会う旅
Excerpt:  掛川ライフスタイルデザインカレッジのフライフィッシングプログラムでは、年に一度、必ず大井川源流へ遠征することを決めている。今年は7月に予定していたものの、台風のため催行できず、9/16-17に延期..
Weblog: 自然回帰マーチャンダイジング
Tracked: 2007-09-20 11:07

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。