茶と器学第1回講座の報告

3865957.jpg 第1回「茶と器学」は〜粉引の器づくり〜でした。

 7/1(日)9:30〜12:00まで、原里の竹廣工房で竹廣泰介先生と奥さんのご指導をいただき、受講生ら8名参加のもとでおこなわれました。
(今日参加できない2名は別途日程で挑戦)

 受講者、スタッフは8:40分に掛川市役所駐車場に集合し、2台に乗り合わせて工房にむかいました。

3865898.jpg 器づくりにはいる前に竹廣工房広場にて、講座のメインコーディネーターでNPO代表の井村さんの進行で、カレッジ全体と「茶と器学」の受講状況やスケジュール説明、講師の紹介、自己紹介など事前の段取りが終わり、その後、竹廣先生から今日の器づくりの心構えなどについてお話をいただきました。


3865911.jpg 先ずは器づくりのための土を練る作業がはじまります。(前年はこの工程は省略されました!)土を練るという作業を全員体験できることは、器への深い愛着がうまれるように思いますね。


 いよいよ手動の「ろくろ」を使いながら各人が頭に描くオリジナルの器づくりに挑戦。どんどん作業を進めていく人、なかなかいいじゃんと思えても振り出しに戻す人、与えられた時間の使い方は自由そのもの!ここは!というところは、ぶつぶつしゃべっていても手出しを見落とさないのは、やはり先生!
3865954.jpg3865932.jpg
 
 予定の終了時間に近くなった頃には、やあ、お見事!納得の器ができました。皆さん謙遜していながらも、情熱をこめたひとときに満足していただけたようです。
3865965.jpg
 次回はこの器の削り作業。皆さん、たったひとつの価値ある器をどう仕上げるでしょうか。じっと見つめる目の先に何があるのか・・・。

posted by スローライフ掛川 at 2007/07/06 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。