第3回カヤッング「長島ダム・ミステリーツアー」の様子

前週に入梅宣言がなされ天候も心配されたが、時折薄日が差す
6月17日(日)、第3回目のカヤッキング講座が開催された。
場所は大井川の長島ダム湖。

午前8時、掛川市役所駐車場に集合、カレッジ事務局S藤氏に
見送られ、受講生&スタッフ総勢12名は長島ダムを目指した。
「今日は静水(流れのない湖)だから楽勝だね」などと車中会話、
しかしカヤックはそんなに甘ちょろいもんじゃーなかった。

IMG_3397.JPG IMG_3399.JPG IMG_3400.JPG

午前10時、井川線・長島ダム駅に到着。タパさんら講師陣と
合流の後、出艇場に移動。I川さんのご手配によりダム湖横に
車横付け。各自の身支度、用具チェックを済ませてスタート。
「長島ダム・ミステリーツアーと銘打ったが、実は行き先を
決めていないからミステリ〜」とタパさん。楽しみ〜〜
実はこのコース、前年度のカヤッキング講座で一番好評だった。
初体験の受講生も二度目のスタッフもワクワクドキドキで出艇。

ところが出廷間もなく受講生がそわそわしだした。
??? 艇が思うように真っ直ぐ進まないー
全員がリバーカヤックに乗艇したが、静水と思っていたそこは
毎秒何万トンの水が放流されているダム湖。支流から流れ込む
水や風の影響を受けて不規則な流れがあるようだ。
漕ぎ方を思い出し、また工夫したりしながら上流へ向かった。

程なくして、湖面に沈む旧井川線のトンネルが見えてきた。
「じゃあ、この中に入ってみよう!」
好奇心旺盛な受講生が続々と真っ暗なトンネルに向かう。
ダム建設のため迂回した井川線だが、旧線路や電柱が湖面から
ニョキっと顔を出している。以前、ここには集落や人の往来が
あったことを窺わせる光景だ。

IMG_3401.JPG IMG_3402.JPG IMG_3409.JPG

次に目指したのはレインボーブリッジ。アプト式鉄道・井川線
が通る鉄橋だ。地上数十メートルに位置に線路が敷かれており、
我々はその下をカヤックで通過した。赤い列車に向かって湖上
から大きく手を振った。
「めちゃめちゃ気持ちいいぞー」って叫んじゃいました。

昼御飯は、艇を降りて山を登り、井川線・奥大井湖上駅に隣接
コテージでいただくこととした。
たまーにしか列車が通らない井川線、ここぞとばかり人間枕木
に変身! 古い米国映画のワンシーンを再現したり大はしゃぎ。
昼食後は下り列車をホームから笑顔で見送り再出発。
(そういやぁ、乗客は怪訝そうな顔してみてたっけなー)

IMG_3411.JPG IMG_3412.JPG IMG_3413.JPG

さらに上流へ進むと湖面に林が出現した。かつて地上にあった
木立がダムに沈んだものだ。立ち枯れした木の間を進むと湖水
が急に冷たくなった。その先にはダムに注ぎ込む小さな源川と
滝があった。艇を降りて水に入る。
「ど冷てーーー」数秒間と足を浸けることが苦しい冷水の中に
飛び込むぞーと言い出すじゃあーりませんか。
いやはや、今年の受講生は元気と言うべきか、やることが半端
じゃありません。森のクマさん、サルさん、お嬢さん、次々と
岩の上から滝壷に飛び込んだ。お約束ではあったがまさか・・・

IMG_3430.JPG IMG_3426.JPG tapasan.bmp

野蛭に吸い付かれていることにも気付かず(ゴール後に発覚)
一路ゴールを目指してパドルを漕ぎ続ける。運よくカモシカを
見た人もいた。サルは100円、シカは300円、クマはいくら?
森と泉のロケーション下、腕がパンパンになるまでカヤックを
操り、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んだ。
カラダも心もリフレッシュして「よーし、頑張るぞー」と明日
への気力を得た長島ダムだった。

IMG_3418-1.JPG

近くの白沢温泉もりのいずみ(大人700円)の露天風呂に浸かり、
さらにリフレッシュして午後7時、掛川に戻った。
次回(第4回)は沼津・狩野川下りを計画中。しかしその前に
さらなる親睦を深めようと懇親会開催の提案も出始めた。
みなさーん、6月23日(土)、フォーラム&交流会終了後に、
掛川市内某所で「カヤッキングチーム・ミーティング」を開催
します。詳細が決定次第、ご案内します!
posted by スローライフ掛川 at 2007/06/18 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45216318
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。