6/23竹廣泰介氏フォーラムご案内『私を変えた陶芸』-金はなくとも火水木土- 

竹廣泰介氏 講演会    
『私を変えた陶芸』―金はなくとも 火・水・木・土−

■と き/平成19年6月23日(土) 15時より
■ところ/掛川市立中央図書館 講義室(掛川城東側)
※図書館の駐車場は利用できません。
竹の丸・竹の丸西側または有料駐車場をご利用下さい。
■交流会(17:00〜19:00)を開催します。あわせてご参加ください。
会場/凡(ぼん) 掛川市中町(連雀西交差点北側)

[プロフィール]
竹廣 泰介(たけひろ たいすけ) 陶芸家 
1950年 広島県に生まれる
1968年 アメリカ・ヨーロッパの現代美術の影響を強く受ける
松山野外彫刻展、広島現代野外彫刻展などで作品を発表
1973年 広島工業大学建築学科卒業
1980年 陶芸を志し、東京・多治見・備前・信楽等で、日本の伝統陶芸の精神・技術を学ぶ
1987年 掛川市に築窯独立 富嶽文化賞展
1988年 伝統工芸新作展
1990年 穴窯による信楽を中心とする独自の焼〆陶の制作を開始、
現在に至る 掛川市在住
個展/松屋銀座・青山酉福・銀座黒田・鎌倉円覚寺・広島そごう・大阪堂島・大丸心斎橋・浜松双鶴・静岡川村文化振興財団・ほか多数

[メッセージ]
私はほとんど毎日壺を作っている。
壺に憑かれたのである。
花でも挿さぬかぎりただアホみたいにくちをあけているだけの
しろものをどうして作りたいのだろう。
壺を作り続けて時をかさねているうちにみえてくる世界がある。
壺は多弁であるが時に寡黙になる。
永遠がみえるきがする。
壺は悠然とある。
しかし壺自身はそれを知らない。
             − 続・私の仕事から。「壺」 −

【お問合せ・お申込み】
NPO法人スローライフ掛川 連絡事務所
tel.0537‐22‐0654 fax.0537‐22‐0786   担当:佐藤、河住、鈴木
posted by スローライフ掛川 at 2007/06/12 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>講義型フォーラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。