第1回ネイチャーフォト講座報告

------------------------------------------------------------------
5月26日(土) 第1回ネイチャーフォト講座
------------------------------------------------------------------
午前10時〜12時 掛川市立図書館

いよいよ、ネイチャーフォト講座が始まりました。
ネーチャンフォトとうわさどおり、美人ぞろいの
受講生!!
まずは、講師、受講者、スタッフの自己紹介から。

□ カメラの基本を学ぶ
講師の小川さん、大判カメラ用のレンズを取り出し、
絞りとシャッタースピードの関係(露光)の説明から
始まりました。

DSC00118.JPG

絞りってなに?絞りを開けるってどういうこと・・など
など、質問が飛び交う。

DSC00120.JPG DSC00124.JPG

次に、絞り値と写りかた(焦点深度)の違いを
本5冊を、机の上に並べ絞り値を変えて、実写し
その写りかたの違いを体験

DSC00139.JPG

その後、レンズの焦点距離と写りかた(画角)の違い、
シャッタースピードによる被写体の写りかたの違いなど
実写をしながら、その違いを学びました。
分かったような、分からないような?

□ 昼食タイム(12時〜12時45分)

□ 撮影実習(12時50分 〜 2時)
会場の図書館を出て、いよいよ実写。
掛川城周辺で、ネイチャー(自分がネイチャーと感じた
もの)を探し、各々撮影に向かう。

DSC00150.JPG

<自由撮影>
約1時間撮影を終え会場に戻り、撮ってきた写真を、
披露(パソコンに取り込み)
写真から、物の見方(視点)が、それぞれ違っている
ことに驚かされた。影、虫、緑(葉脈)、などなど
ここで、その写真をお見せできないのが残念。

DSC00178.JPG DSC00153.JPG

□ 懇親会 (16時 〜 23時) 酒楽、??、??
posted by スローライフ掛川 at 2007/05/31 22:39 | Comment(1) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>ネイチャーフォト
この記事へのコメント
 こんばんは。

 良く間違われるのですが、焦点深度ではなく被写界深度です。
 被写界深度は被写体側、焦点深度はフィルム(またはCCDやCMOS)側です。
 絞りを開けば両者とも浅くなります。
 焦点距離が長くなれば、被写界深度は浅くなり、焦点深度は深くなります。
Posted by ちゆき(写真好き) at 2007年08月02日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

掛川ライフスタイルデザインカレッジのネーチャーフォト講座の初回
Excerpt: 今日は、4月8日の記事「掛川ライフスタイルデザインカレッジ」http://shasin.sblo.jp/article/3690019.htmlに書いたネーチャーフォト講座(ネイチャーフォトグラフィ..
Weblog: 「写真好き」の戯言
Tracked: 2007-11-18 21:02

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。