第1回オーガニックファーミング 様子

4月14日(土)晴れ晴れ
見事な晴天。昨年に続き、オーガニックファーミングは、太陽を見方につけているようです。
さらに、心強いひょっこり農援隊T辺さんも加わり幸先の良いスタートです。
代表、校長の挨拶に続き、受講生の自己紹介、スタッフの自己紹介、一通りのご挨拶を済ませて、お天気が良いので早速作業開始!!
P1000856.JPG  P1000865.JPG

 昨日、オープンしたばかりの「風と土の谷農園」への山道を抜けて、皆さん農園へ歩いて移動。
本日の予定は、簡単に言えば1、堆肥作り体験 2、ランチの食料調達 3、ミニトマトの植え付け です。

まず、堆肥作り体験。 森の中へ入り、落ち葉を一人一袋集めに行きます。講師より、竹やぶの中の落ち葉が堆肥には一番良いと聞いた皆さんは、あっと言う間に急な竹やぶに入り込み、夢中で落ち葉を集め始めました。
撮影してるこちらが、心配する程でしたが、足元の落ち葉は、ふわふわして、急な場所でもしっかり踏んばらせてくれます。
 竹は、もし足を滑らせても、受け止めてくれる間隔で生えています。 皆さんそれを体で感じているようで、とても安定した状態で作業をしていました。

P1000879.JPG P1000875.JPG

白い落ち葉の入った大きな袋を担いで歩いている皆さんの姿は、森から出てきたサンタクロースのようでした。

P1000881.JPG 


 皆さんが、集めた落ち葉はもう堆肥になっていました。 土はふわふわ、さらさら。この状態になるには100年の年月が必要だとか。本当に森から畑へのプレゼントです。
森からの落ち葉、人工的に作った堆肥、山土(山土には土着菌が沢山含まれている)、魚粕。これをコンポストにミルフィーユのように積み重ねていきます。
 土は重たいです。重労働の始まり。皆さん汗をかき、大変なはずなのに、とっても楽しそう。

P1000896.JPG P1000910.JPG 

次に、昼食の食料調達。ここの課題は、五感を磨け:旬の誘惑を感じるです。
雑草の草原となった昨年の畑に入り込み、草の生息を見る。大根の花、せり、カラスのエンドウ、三つ葉、どくだみ、etc...。
これまで、雑草だと思っていたものが、食べられると聞き、受講生の皆さんはすっかり食料の収穫に夢中。

P1000917.JPG

 既に用意されていた、竹の子、ワラビも加わって沢山の種類の豪華な天ぷらが出来ました。
なんと、青竹の器で、山野草の天ぷらですよ!!
今年も、キウイフルーツカントリーさんより、美味しいキウイの差し入れも頂き、豪華なデザートまでついでみんな満腹!

P1000926.JPG P1000925.JPG

午後の作業に!!

今年は、皆さんに畑を気にしてもらう度合いを増やそうと言う事で、ミニトマトとフルーツトマトを植えました。
と言っても、草ボーボーの畑を耕します。まず、鍬で草取り。次に、耕す。これがキツイ!
 4月なのに、晴天も手伝って、また汗だくに。

P1000929.JPGP1000932.JPG

「こんなに大変なのに、売られているトマトの値段は安すぎる!」という中山さん言葉に、他の受講生も納得。1日目にしてこんな言葉を聞けたことに、頼もしさを感じました。
 皆さん、2種類のトマトを植え、名札を付けて作業終了。

P1000942.JPG

今日は、ちょうどテレビの「ポチタマ」の「だいすけ(2代目まさお君)」がキウイフルーツカントリーのぶたさん「ベイブ」に会いに来ていて、思わずTVロケに遭遇。

P1000944.JPG

そんな中、自宅教材「ジャンボかぼちゃ」の種をポットに植えて、皆さんお持ち帰り。
 
 講師不在の中、皆さんが種を植えて行ったのですが、後ほど講師に聞いた内容は、種は、落ちた状態(向き)で植えるのがベスト。
ポットで育てて、双葉の次に本葉が出てきたら、地面に植え替えて良いそうです。
 講師曰く、ベランダでも育つかもよ?との事。(この時の笑顔は、ちょっと怪しい、なんとなく楽しい結果報告を期待している様子でした)
出来たジャンボかぼちゃは、パンプキンパイ等で食べる事も出来るそうです。
 
 皆さん、思い思いの場所で、育てて見て下さい。

 予定の3時を過ぎ、本日の作業は終了。

 アクティビティの中から「オーガニックファーミングが全ての基本になる」と思って参加してくれた中山さん、、ベランダでジャンボかぼちゃ育成研究員になっちゃいそうな出野さん、積極的に自然と接していたMs.スザンヌ、重労働も楽しそうにこなしていた提坂さん、昨年の受講生ベテラン松下さん、お手製キムチを差し入れしてくれた鈴木さん、受講生の皆さん1日お疲れ様でした。
 昨年に引き続き、楽しい農園になりそうで、この次に皆さんにお会いできるのが今から楽しみです。

そして、足の状態をみんな心配しているのに、道を開通させちゃうし、今日も歩き回らせてしまった講師の平野校長、スタッフ、農援隊の皆さんお疲れ様でした。

 今日が最初で最後になっちゃう、研修中の阿部君、準備から本当にお疲れ様でした。
P1000887.JPG
 

お忙しい中、仕事放棄?で駆けつけてくれたスタッフのT川さん、そのピンチヒッターで助っ人に来てくれたT辺さん、ありがとうございました。

受講生、スタッフ、みんなで、夏の作業に向けて健康管理、体力作りをして次回からもがんばりましょう!!
  
                   
(スタッフ 小梅)
この記事へのコメント
昨日は、参加された方ご苦労さまでした。
天気が良くて、楽しい一日でした。
帰ってからのビールが美味しかった!!
しかし、久しぶりの肉体労働で今日は体が痛い。

次回は、一月おいて、6月16日ですが、みなさん、自分のトマトの生育状況を是非見に農園に足を運んでくださいね。
Posted by zenkyu at 2007年04月15日 14:34
第1回目の講座,ありがとうございました。
とても楽しかったです。落ち葉を集めるのに夢中になって
迷子になりそうになりました(笑)

身の回りにあって,普段あえて目を向けたり触ったりしていない部分って,
改めて見てみると面白いですね。
一日で,いつもと違った空気,香り,味覚,足場の感触,
鳥やかえるの鳴き声などを楽しむことができました。
第1回目にして考えるところが多かったです。

みんなで集めた葉っぱがどんな風になるのか楽しみです。
そして,わたしのトマトとかぼちゃは如何に!?
Posted by さげ巻 at 2007年04月15日 18:18
ガハハ・・・ッ!オラはミミズだぜ!
みんな、よくやっじゃん!
みんなの仕込んだ落ち葉や堆肥これから日夜頑張るでー安心せいや。

ところで、かぼちゃだけん・・・あれは「アトランティック・ジャイアント」って言うんだぜ!
http://alic.vegenet.jp/panfu/pumpkin/pumpkin.htm
種っていうのは、蒔けばめがでるもんさ。でも土の中へ埋めたらダメだぜー、種の厚さの3倍の土を表面にかけるっていうのが基本だい。
双葉が出て、本葉が出たら植えてもいいよ。
ド根性かぼちゃになってさあー・・・。

Posted by オラはミミズだ! at 2007年04月15日 22:15
みなさんお疲れ様でした。
昨年に引き続きスタッフ&農援隊として
もろもろお手伝いさせていただきます。

今年は初回から晴天に恵まれましたね。
青空の下、土にまみれ、額に汗して行なう農作業は、肉体的にはきついものの、流した汗はなんとも清々しく、気持ちのよいものですね。受講生のみなさんもいい顔してたなぁ。。
野草の天ぷらもグッド!でした。

なんだか今年も楽しく、実りの多い講座になりそうな予感。また次回も頑張りましょう!
Posted by S木 at 2007年04月16日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。