フライフィッシングの詳細

シーズンを通じ、渓流魚・水生昆虫の生態を観察し、生活の中に息づく森林と水辺の正しいあり方、自然とのかかわり方を、フライフィッシングを通して学びます。 (ロッド、リール、ライン、ウェーダー等フライフィッシングに必要な装備は第2回以降は各自必要となります。購入のアドバイス等もいたします。)

オリエンテーション&体験会  ――掛川・ならここの里(予定)
■日 時: 平成19年3月24日(土) 13:00 〜 16:00
■内 容: フライフィッシングに興味はあるけど、一体どんな釣りなの? そんな疑問にお答えします。レクチャー&デモンストレーションとともにキャスティング体験。用具は貸与します。
【体験講座参加費 2,000円 】 

※プログラム受講のお申込みは、この体験会に参加いただいてからでもOKです。

tCtBbVO1.JPG tCtBbVO2.jpg DSC02653.JPG


第1回 基本レクチャー 『 管理釣り場での実釣体験 』
――森町・ヤマメの里(予定)
■日 時: 平成19年4月8日(日) 9:30 〜 15:00
■内 容: フライフィッシングのシステムやキャスティングの基礎、用具の使い方などを解説します。その後、管理釣り場にて実際の釣り体験。自然との密着度合いが強く、魚と一対一で向き合うフライフィッシングを体感しましょう。

第2回 『 川のほとりでの基礎講座 』  ――(会場未定)
■日 時: 平成19年5月20日(日) 9:30 〜 15:00
■内 容: ドライフライを使って、渓流で最初の一匹を! ドライフライを、どこへ、どう流し、どう釣るか、という基本を学ぶとともに、フライタイイング(毛鉤巻き)を体験します。

第3回 『 実釣&フライタイイング 』
――(会場未定)
■日 時: 平成19年6月10日(日) 9:30 〜 15:00
■内 容: 前回の講座内容をもとに、実釣体験。新緑の山に分け入って、本格的な渓流を肌で感じる一日です。タイイング(毛鉤巻き)の基礎や水生昆虫観察なども……。

第4回 『 大井川支流釣行 』 ――大井川支流(予定)
■日 時: 平成19年7月15日(日)  朝5:00頃、掛川市内を出発
■内 容: 大井川の支流で実釣。夏のフライフィッシングを体験します。
    
第5回 『 天竜川支流釣行 』 ――水窪川(予定)
■日 時: 平成19年9月16日(日)   朝5:00頃、掛川市内を出発
■内 容: 水窪川周辺での実釣。秋のフライフィッシングを体験します。

第6回 『 アマゴの産卵ウォッチング 』――長野・遠山川
■日 時: 平成19年10月14日(日)朝7:00頃、掛川市内を出発 
■内 容: アマゴの産卵を観察。フライフィッシング的こころ、その行く先などを考えます。 
                                                         
第7回 『 フェスティバル 』
■日 時:平成19年11月25日(日) 11:00〜15:00
■会 場:キウイフルーツカントリーJapan
■内 容:オーガニックファーミングの収穫祭、ダッチオーブンパーティを兼ねた
フェスティバル。受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し、交流し
ます。

■受講料: 会員50,000円 非会員53,000円 (税込み)
※受講料には、ベーシックプログラムの受講料、傷害保険、フェスティバル参
 加費が含まれます。(遊漁料等は別途)
※受講料は4月末日までに、下記口座にお振り込み下さい。振込み手数料は
 各自ご負担下さい。
※分割可 4月末24,000円  7月末[会員]26,000円 [非会員]29,000円
 [振込口座] スルガ銀行 掛川支店 (普通)1010747 
 [口座名義] NPO法人スローライフ掛川

■回 数: 全7回 
■定 員(最少催行人員): 20名(12名)  
※定員と最少催行人員が設定されているため、受講希望者数により講座が
  成立しない、またはご参加いただけない場合がありますので、あらかじめ
  ご了承下さい。

■ 講 師
……初めての一尾と出会うために、ふたりの水先案内人が旅のお供を
いたします。
◎川野信之(かわの のぶゆき)氏
f.jpg
1943年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。北里大学病院勤務等を経て、
2000年磯部クリニック開業。専門は脳腫瘍病理。フライフィッシング愛好家として、釣り雑誌にも多数寄稿している。著書に『フライフィッシング用語辞典』がある。(相模原市在住)
『フライフィッシング用語辞典』
フライフィッシング界の名物ドクターによる、外来語、専門用語、釣り人用語を全3275語収録した辞典。フライフィッシング用語、先駆者たち、河川、渓流釣り用語、水生昆虫、アウトドアでの有害生物とその対処法などを網羅。

◎小川博彦(おがわ ひろひこ)氏
『サイトフィッシングの戦術』著者 (富士市在住)
ogawa.jpg
    
    
【お願い】 
・各回ごと、現地集合・現地解散でお願いします。受講者には随時、会場への
 案内など詳細をお送りします。
・自然相手のスポーツです。大雨の場合など、急にスケジュールの変更がある
 ことをご承知おき下さい。 その場合、変更日が平日になることもあります。
・会場は、変更になる場合もあります。
・昼食、帽子、軍手、作業服各自ご準備ください。(収穫祭は昼食不要)
posted by スローライフ掛川 at 2007/02/16 17:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>フライフィッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

MY FAVORITE THINGS〜フライフィッシング2
Excerpt:  浜野さんが、24日に掛川にやってくる。その日は下の記事にあるように、トーク&ディスカッション、夜は懇親会だ。浜野さんを迎えての宴は、milele の2Fというのが定番だったが、今度は座敷でズラリと..
Weblog: 自然主義マーチャンダイジング
Tracked: 2007-03-08 18:24

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。