トレッキングの詳細

日本の山々は豊かな森に覆われ、多様な樹木や草花、そして動物たちの暮らす自然の宝庫。北から南、山麓から山頂への変化、また四季折々に移り変わる山岳景観の美しさは、世界有数です。この貴重で、且つ実はとても身近な日本の山々の中で、今まで眠っていた豊かな感性をよび起こし、歩き方の基本だけでなく、自然との関わり方や楽しみ方を学びましょう――。
           
オリエンテーション&体験会 『小笠山』  
■日 時:平成19年3月24日(土) 9:00〜12:00
■内 容:掛川市街から近いながらも、豊かな動植物を育み、春の花咲く小笠山を体験的に歩きます。必要な装備、どんな山に行くの?など、これから始まるトレッキング講座について体験と説明を行ないます。
■集 合: 富士見台霊園
【参加費1,000円】
DSC00350_edited.JPG DSC00204_edited.JPG gbLO2.JPG

第1回 山歩きの基本を『掛川最高峰・八高山(はっこうざん)』 ―掛川市
■日 時: 平成19年4月15日(日) 7:00〜15:00(予定)
■内 容: まずは近くの山、掛川の最高峰でもある八高山に登り、山歩きの基本を学びましょう。山道の歩き方、必要な装備をり、山歩きを行う上での基本的マナーなどについて理解を深めます。

第2回 新緑とヤシオの花 『岩嶽山 (いわたけさん)』 ――旧春野町
■日 時: 平成19年5月12日(土)  6:00〜16:00(予定)
■内 容: 旧春野町の奥にそびえる、アカヤシオ(ツツジ)が有名な山。葉っぱよりも先に咲く花は、最盛期には山を赤く染め上げます。花期がシロヤシオに移る時季ですが、萌え出たばかりの鮮やかな新緑を愉しみましょう。

第3回 高山植物を愛でる『櫛形山(くしがたやま)』 ―山梨・南アルプス市
■日 時: 平成19年7月14日(土)  5:00〜20:00頃(予定)
■内 容: 櫛形山は、なだらかな山頂部に様々な高山植物が咲き乱れます。中でもアヤメの群落は東洋一とも呼ばれます。初夏の山歩きの大きな魅力である高山植物達に目をむけ、愉しみ方の幅を広げましょう。

第4回 爽快な稜線歩き 『奥秩父・金峰山(きんぷさん)』 ―山梨・北杜市
■日 時: 平成19年9月8日(土) 5:00〜20:00頃(予定)
■内 容: 日本百名山のひとつでもある金峰山。標高2500mを超える稜線歩きは、夏山登山の醍醐味です。標高の高い山で感じる雄大な山岳景観と、複雑な山の気象・空気を感じましょう。

第5回 紅葉の森を愉しむ 『安部奥・笹 山 (ささやま)』 ――静岡市
■日 時: 平成18年10月13日(土)   6:00〜16:00(予定)
■内 容: なだらかなブナの森を歩き、ガサガサと落ち葉を踏みしめながら山頂を目指します。様々な広葉樹に覆われ、鮮やかに彩られた山の紅葉を味わいます。

第6回 山で鉄鍋を囲む 『 蕎麦粒山 (そばつぶやま)』 ――本川根町
■日 時: 平成18年11月10日(土)   7:00〜16:00(予定)
■内 容:「山の仲間の絆は家族より強い」「山と酒はつきもの」なんて言葉が往年の登山者からはよく聞かれます。最終回は、落ち着いた晩秋の山を味わいながら、ともに登った仲間達と鍋を囲み、一年の講座を振り返りましょう。

第7回 『 フェスティバル 』
■日 時: 平成19年11月25日(日) 11:00〜15:00  
■会 場: キウイフルーツカントリーJapan
■内 容: オーガニックファーミングの収穫祭、ダッチオーブン講座の終了パーティを兼ねたフェスティバル。受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し交流します。

■受講料: 会員60,000円 非会員63,000円 (税込み)
※受講料には、ベーシックプログラムの受講料、傷害保険、フェスティバル
 参加費、主催者賠償保険料および傷害保険を含みます。
※受講料は4月末日までに、下記口座にお振り込み下さい。振り込み手数料は
 各自ご負担下さい。
※分割可 4月末24,000円  7月末[会員]36,000円 [非会員]39,000円)
[振込口座] スルガ銀行 掛川支店 (普通)1010747 
[口座名義] NPO法人スローライフ掛川
      
■回数: 全7回
■定員(最少催行人員): 20名(12名)
※定員と最少催行人員が設定されているため、受講希望者数により講座が
 成立しない、またはご参加いただけない場合がありますので、あらかじめ
 ご了承下さい。
■集合場所: 掛川市役所

【お願い】
※登山中、講師およびスタッフが危険と判断した場合には登頂を断念する
 場合があることをご承知おきください。
※自然が相手の講座です。気象、及び登山道・交通状況などによっては、
 上記の目的地や日程が変更になることがありますので、あらかじめご了承
 ください。

■講 師
◎山村 幸雄 氏
・静岡県高山植物保護指導員
・2000〜2003年に南アルプス・県営聖平小屋にて管理人を務める
・著書に『山の独り言』がある。(掛川市在住)
yamamuraR.jpg


◎鈴木 渉 氏
・静岡山岳自然ガイド協会所属 日本山岳ガイド協会公認 山岳ガイド
・静岡県高山植物保護指導員 
・環境省自然公園指導員(掛川市在住)
suzukwatarui.jpg
  

   

   
   
posted by スローライフ掛川 at 2007/02/15 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>トレッキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33743411
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。